説明を聞きたい

投稿者: | 2022/01/26

過去記事でチラチラ書いてた件。
あっち界隈は演技の映像は出さずに採点の数値だけであれこれ論じているので、これの説明をして欲しいわ。

これは2012年の全日本の再現だと気が付いたのです。あの時も羽生君がSPでリードして、大ちゃんが神演技で猛追しフリーでは1位でしたが、総合得点で2位になってしまいました。それに対して大ちゃんファンは納得がいかないと怒りをぶちまけてました。なぜなら急に羽生君のPCSがアップしたからなのです。今回のKOKOのようにいきなりPCSがあがり、そして決着がつきました。

2012年全日本選手権採点検証資料 SP
2012年全日本選手権採点検証資料 FS

羽生選手
2012年GPF:BV 121.55 / GOE 17.17 / TES 138.72 / PCS 133.36
2012年全日本:BV 131.07 / GOE 20.56 / TES 151.63 / PCS 140.65 / TES +12.91 / PCS +7.29

高橋大輔
2012年GPF:BV 126.3 / GOE 10.74 / TES 137.04 / PCS 126.57
2012年全日本:BV 119.23 / GOE 21.52 / TES 140.75 / PCS 133.6 / TES +3.71 / PCS +7.03

※TESが12.91上がった羽生選手が、TESが3.71上がった高橋大輔より、PCSの上昇値が0.26上回ったから不正なんですか???

数値だけを見ると、むしろ高橋大輔の方がPCS爆上げでしょ?
PCSの上昇値が0.26上回った羽生選手が、まるで不正で勝ったかのような発言の、客観的で論理的な説明をして欲しいのだけど。

そして、

SNSでは怒りに満ちた方々が羽生選手と連盟を批判していました。
あの時もしもファンを納得させるだけの説明を連盟またはジャッジができたならこんなにも選手が長く苦しまなくて済んだのに。また彼らは同じ苦しみを選手に与えようとしている

スケ連から「ファンを納得させる」どんな説明が欲しかったの?
言っておくけど、デーオタだけを満足させる説明では不十分です。羽生ファンも納得できる説明でなければ意味がない。
さあて、どんな説明があるんですかねぇ。
私は今までこの件で色々な繰り言を聞きましたが、「好きの身贔屓」以外の説明は聞いたことがないな。
スケ連がスター選手を作りたかったとか、羽生選手が高橋大輔の立ち位置を欲しがったからとか。
そして「選手が長く苦し」んだソースは?単にデーオタが負けを認めたくないだけでは?
高橋大輔が不満タラタラだったの?
羽生選手が2012年の全日本優勝後に「僕がチャンピオンになっても誰も喜んでくれない」と言ったようですが、それは実力ではなく不正で勝ったからと発言したの?ソースは?むしろ当時多数派だったデーオタの態度によるものでは?

説明ができないのなら撤回してよね。

「また彼らは同じ苦しみを選手に与えようとしている」のは、スケ連でもジャッジでもなく、個人的感情で選手を批判する自分たちだということに気付いて下さい。
私は、個人的感情で選手を批判していると思われないために、せっせと資料室を作成してますし、好き嫌いのバイアスがかからないよう、公平を心がけているつもりです。

まあどうせ、「高橋大輔は素晴らしいのだから負けるのはおかしい!」以外の答えが出て来るとは思ってないけどね(笑)

■◆■

”高橋大輔が不満タラタラだったの?”

これの件で思い出したけど、「高橋選手も(著書によると)このジャッジにはかなり怒っていたそうです」だそうです。

へー?あの採点が不満だったの?
で、著書で怒りを露わにして、デーオタが羽生選手を今現在まで10年以上叩いていると。
”当時まだ格下”で高橋大輔の9歳年下の高校生だった羽生選手をねー
そりゃまあ高橋大輔にとっては侮ってた若い選手に負けたら屈辱でしょうけど。
今はどうなんでしょうね。高橋大輔本人の気持ちは。

ソースは、ブログタイトル横の≡のメニューの”Category & Tag Index”で、カテゴリーとタグの一覧ページに飛びます。その中の、①さんの元ネタの一覧の下から2番目スコア分析の高橋大輔資料室を作るきっかけになった全ての元凶のコメント。
①さんは筋金入りのデーオタなので嘘は言わないでしょう。

butterflyfish
9月 3, 2014 3:22 pm
ブログ主さまは2012年の全日本をご覧になったんでしょうか?

高橋選手が下げられたのはショートです。ほぼ完璧な演技だったのにも関わらず、国際試合でも取られないエッジエラーを取られ、四回転を回転不足にされ、当時まだ格下だった羽生選手と10点近い差をつけられたのです。解説の荒川静香さんもこのショートのジャッジには疑問を呈しておられました。高橋選手も(著書によると)このジャッジにはかなり怒っていたそうです。フリーでは素晴らしい演技で高得点でしたが、ショートの差があまりにも多すぎたため羽生選手が優勝になりました。

プロトコルと演技動画を照らし合わせてぜひご覧になってみてください。

※資料
[13]全日本選手権リポート(下) 羽生への「逆風」 青嶋ひろの 2013年02月04日 – 論座

※追記
バイアスはかかってないよー→バイアスがかかってるよーの間違いだろ?
ちょっと落ち着いてコメントしようよ。前のコメントでも早とちりの勘違いがあったでしょ?
まあ羽生アンチ界隈の人にどう思われようと、どうでもいいんで。運営話でも書いたけど、頭の固い人たちの認識を変えようなんて無駄なことは考えてないよ。
文句があるなら客観的で論理的な説明をお願い。

念のため言っておくけど、高橋大輔資料室のスコア表を作った時に「アンチに基づくデータ」と言われてたけど、ファンでもアンチでも1+1=2だし、映像は同じだからね?
数値や映像から受ける”主観的な印象や感想”はファンとアンチでは違うけど。
昔作ったつべの動画が加工かどうかという質問を知恵袋で見つけたことがあったけど、加工だと思うならソースを持って来てねw

※追記2
コメントありがとうございます。
何も不当で不正な採点はされてませんよね。①さんが乗り込んで来た当時もそう答えたんですが、いまだに納得してないのかな。
そしてGIF画像を作り直していてちょっと笑ったのが、フリーの2本目の4T<+2Tで、「決まったー!」を大変熱狂的に二度言ったこと。いやいや着氷乱れてるし。 今なら「何とか(転倒を)こらえました」と言うんだろうなー、時代を感じるなーと思いました。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ

説明を聞きたい」への2件のフィードバック

  1. まろん

    いやいや~髙橋大輔アンチと書かれてる時点でバイアスはかかってないよー
    髙橋大輔アンチと個人が嫌いと書いてるんだもんねー
    髙橋大輔に良いところは欠片も無いんだよね?
    無いんだよね?

  2. 春よ来い

    2012全日本の録画が残っていたので、それとプロトコルを照らし合わせてみました。
    SP、ルッツはロングエッジですね(でも昨今のK選手採点だったら見逃し)4Tはぎり回転不足(でも昨今のU選手採点だったら見逃し)。これは意外とまともなジャッジしてますね。当時はわたし、スケ連が泣いて喜ぶ(?)全員応援ファンだったので、高橋選手も応援してましたが、この結果は納得してました。高橋選手は上手いんだけど、細かいところで減点項目があるんですよね。
    ところで、ブーイングがあったって言われるの、高橋ファンはいやなんですか?「あんな採点して、ブーイングされて当然だ!」っていうんじゃないんだ(笑)

コメントは停止中です。