KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

やっぱり・・・

やっぱりソチの選考はまずかったんではないかという思いを深めている今日この頃。
4回転中心だった資料室のgifアニメを増やしてるんですが、4回転だけでなく3Aの成功率もやばいですね、Dさん。
前シーズン、前々シーズンと3Aのコンボが全滅に近いような。。。

Daisuke Takahashi – Triple Axel
Service Temporarily Unavailableというエラーメッセージが出たら転送制限中。。。

※前シーズン、前々シーズンをまとめ中。こうして見ると、怪我の前から3Aはかなり不調だったんだね。
某デー・・さんたちが矢鱈2012年の全日本を言う意味がなんとなく透けて見えて来たよ。シーズンで唯一3Aの3連コンボが成功したんだね。。。。。3つ目は回転不足ですけど。
しかしお手つきでシークエンス扱いになるのと、コンボに認定されるのの差がどうも不明瞭なような。。。。。シークエンスだと基礎点が下がるんだよね。。。。。。なんとなく差が分かったよ。なんとなくだが。

怪我持ちだけど若い小塚選手、ベテランだけど怪我なしの織田選手、ベテランでおまけに怪我持ちの高橋選手の中で、直近の全日本で順位が一番下でベテランで怪我持ちの高橋選手を選んだんですよね。実績で。
でも4回転はコーチが『奇跡を信じて』なんて言っちゃう成功率で、さらに3Aも怪しいとなるとだね・・・・・ううむ。

何度も言うようですが、
選考基準を満たしているかどうかと高橋選手が選ばれたことの是非を考察することを切り離して考えてみたいと思います。
選考基準を満たしていたかどうかと、人選が正しい選択だったかと考えてみることは別次元だからです。

ということで「選考基準をご理解いただいてないのですねキラーン☆」というご意見はお門違いですのでヨロシク。

※追記
コメントありがとうございます。
フィギュアという競技のより良いあり方を模索するためにも、過去の遺恨はきちんと考察して、今後の選考に活かせるようにすべきだと思います。
何度も申し上げていますが、選考が妥当なものなら、後から掘り返されてもなんら問題はないはずです。
ですが、高橋選手の選出は決してクリアではなく、ソチまでに治癒する見通しだった怪我も完治せず成績に影響しました。

不明瞭な選考でいい思いをした選手は「もういいじゃないか昔のことは」で収めたいでしょうが、そこに至るまでに何人もの選手を理不尽に蹴落として来たのです。蹴落とした方はさっさと忘れたくても、蹴落とされた方にはわだかまりが残ります。

それから、『観ているだけで楽しんでいた』いのなら、このようなアンチを堂々と掲げているブログにはお近付きにならないのが賢明かと存じます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ

Comments are currently closed.

7 Responses to “やっぱり・・・”

  • kiemo より:

    むか~し台湾ネタでお邪魔したものです!
    ホントにね・・・。GPFピンチヒッターだったのに3位になった殿か
    すんなり全日本3位のたかちゃんなら良かったのに。
    軌跡を信じるジャンプとか勘弁して欲しいですわ。
    しかも、団体戦見てない→団体戦最終日だけちゃっかり
    真央ちゃんの隣に収まる→個人戦グダグダ→怪我を乗り越えてよく頑張った
    報道で、私の中の株は大暴落どころか、紙切れになりましたとさ(笑)
    あ~MWOでの殿の4-3!ホントに勿体ない!

  • 中山栗子 より:

    何故、今頃になって、一年前のソチ選考を問題にするのですか?
    これからの事のほうが大事なのに、理解に苦しみます。MWOだって、プルシェンコより、織田さんのほうが、伸びやかでジャンプも上手だったのに、プルシェンコになってしまい、とても残念でした。でも
    評価は、評価として受け取るしかないし、結果が、その時のその選手の評価なのだと思います。フィギュア観戦て重いんですね、綺麗て、華があって、わたしは、観ているだけで楽しんでいたのに、みなさん、いちいち、そんな評価をされていたのには驚きました。

  • 中山栗子 より:

    気を悪くされたのならごめんなさい。私が、フィギュアファンになったのは、昔々札幌オリンピックの
    ジャネット リン選手からですので、早43年になります。当時の日本からは、現在の様なフィギュア王国になるなんて皆無に等しく、日本人には縁のない競技だと、日本中が思っていたと思います。ですから今のように、次々と選手が、育っていて、本当に頼もしいです。みなさんで、意見が言い合えるのも、対象者がいるからこそです。それぞれ考えはおわりでしょうが、選手は頂点を目指し、日々努力されているのですから、お互いに選手を攻める事だけは避けたいものだと思いました。失礼しました。

  • ヒロ より:

    個人的に思うのは全日本での結果でソチ選出が決まったからというより
    怪我による問題。ここが焦点であると思います。
    治る見込みがあったから選出したのでしょうが、結果治っていなかった?
    ソチ五輪の当時、高橋さんに関しての情報はどう報道されていたのでしょうか…。
    自分は基本女子にしか目が向いていなかった為、男子まで気が回ってませんでしたよ。
    団体戦の選考基準はおそらく確実に点数を取れる選手を選んでの基準
    昨シーズンの羽生、浅田両選手のSP歴代最高点を鑑みてもこの2人をSP枠に持ってきたのは正解であったろうしチームリーダーを務めた鈴木さんをFSに持って行くのは自然。
    では男子FSは…。
    本来であればここは高橋さんであったろうと思いますが、
    町田さんになった理由は?全日本で2位に付くほどの実力があるからか?
    それとも、やはり高橋さんの怪我を考慮して?
    後者だとしたら、やはりそこが問題点になりますよね。
    怪我の度合いがどれ程のものだったのか、本当に五輪まで治る見込みのあるものだったのか。
    治っていたのだとしたら、演技の失敗は怪我のせいにはできません。(本人は怪我のせいにはしてなかったような気もしますが…インタも見ていないのでわかりませんが)
    治っていなかったのだとしたら、、、選考に誤りはなかったか?と思われてしまってもおかしくはありませんね。

    MWO、織田氏の4-3は見事!の一言です。
    ただ3Lz転倒は惜しかったですね。
    プロトコル確認していませんがルッツ転倒による1.00の減点とGOEでもマイナスの評価を受けていると思われます。3Aも着氷で乱れたのでGOEでマイナスになっていると予想される。
    あの2つがキマっていれば技術点だけで軽くプルを超えましたよ。
    プルは技術点では織田氏より下でしたが、演技構成点で上回っていました。
    ジャンプの着氷に乱れもなく演技が途切れる事がなかったところ等が評価されているのだと思います。直前でジャンプ構成変更してあの演技ですからね、さすがと思いましたよ。
    それにしても織田くんです。多少の失敗があっても85点ですからね。現役戻ってこいと言いたいですよ。

  • 匿その1 より:

    某オタさんたちが高橋が下げられたって騒がなければ
    私も検証のブログを読んだり、また検証して下さる主様に
    感謝したりはしません。
    いつも思うけど、某オタさんたちは他選手のことは
    八百ジャッジと叩くくせに、大ちゃんの検証となると
    今更そんなこと検証してどうするの?みたいなこと言い出すんだもんね。
    その矛盾にすら気づかないんだろうね。

    それにしても殿ーー(^^)/カムバーーーック!

  • nanasi より:

    全て匿その1 さんに同意ですね。
    図々しくご本尊を棚に上げて他を叩くから黙認出来るものも出来なくなるんですよ。
    けどこの件は某オタ関係なく、キス写真や出し入れ自由な怪我も含めてもっと問題視されるべき。
    聖子さんもなんのお咎めもないし某オタも臭いものに蓋してる様で不健全です。

    まあキス騒動の早い沈静化は彼が叩かれるほど元々注目されてないのもありますが(バックに守られてる可能性も)、、、ゆづだったらもっと騒がれてたでしょう。
    もうキス写真が出てしまった以上贔屓を疑うし、怪我を隠したり言い訳したり、ただズルいの一言です。
    そう言えば某所でゆづの事をヅル(八百長=ズル)って呼ぶそうですが、それはご本尊じゃないのw??
    ゆづまでジャッジ贔屓に仕立て上げるな、デーオタ。

    殿はまだまだ現役で戦えそうで今更ながら引退が惜しまれますね。
    ソチも殿やこづが行った方が余程後輩の精神的支柱になったと思うのですが。。。

  • mero より:

    nanasiさんに同意いたします。

    キス騒動が出たときには「なんじゃこりゃ??」と激ビックリでしたが、
    なぜ元選手が選出されたのかが腑に落ちました。
    そもそも会長のご贔屓さんにかなう選手はいません。
    席は用意されていたと考えるのが妥当です。
    なぜマスコミもそこにツッコミを入れないのかが、不思議なくらいでした。
    選手ももっと怒ってしかるべき!では…