素人の世迷言

素人の世迷言だと思って下さいな。
平昌五輪後、イタリアでジャンプの検証番組が放送されました。そこで宇野くんの4回転ジャンプは「半回転プレロテして跳び上がって、1/4回転不足で降りて来る」「ちょっと回り過ぎた3回転」と言われていました。
素人ですが、演技の映像を見て私もそうだろうなと思ってました。
宇野くんは飛距離×高さ×回転速度で得られる容量に4回転分は入らない、3.25回転分しか作れない。
最近放送された山田コーチの番組は見ていませんが、2?3?年前から卒業を考えていたという発言があったらしいですが、体型が大人へと変化していく中で高難度4回転ジャンプの指導は無理だから、ジャンプに強いコーチに付きなさいということではなかったかと想像します。できれば五輪後すぐに。
真央ちゃんもバンクーバー後にジャンプの矯正を始めました。これは山田組の宿命かもしれないです。
でも多分宇野くんはそれを真剣に受け止めてなかったのでは。

宇野くんのような低空ジャンパーは体の軽さで跳んでいるので、体が重くなると跳べなくなる。
飛距離×高さ×回転速度で得られる容量が目減りして、元々4回転分作れないのに、さらに3.2回転分も作れなくなった。ごまかして4回転を跳んでるっぽく見せかけるジャンプさえ跳べなくなった。
回転不足がデフォになり、ついに転倒がデフォになり始めた。ショート、フリーで4回転っぽい3.2回転を一度しか跳べないところまで来ているのではないかと思います。
体が重くなるとジャンプが劣化していくのに、体型がどんどん緩む。重くなる。宇野くんは自分のジャンプの欠点をシビアに理解してなかったのではないのかな。

アンチ系スレに出入りしてるので、アンチに洗脳された素人の世迷言だと思って下さいな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ