KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

陰謀論の真実味

各種陰謀論って、当然ですが推論ですよね。
真実が含まれていることもあるし、憶測の部分もある。そのロジックを組み上げて行く中で、どれだけ真実を織り込むことができるか、あるいは憶測にどれだけ真実味を持たせることが出来るか、そこが重要だと思う。推論も説得力のある方が優位なんじゃないかな。

キムヨナの陰謀論がこれだけ根強いのは、キムヨナが韓国人であり、韓国人の国民性という真実。
韓国ならロビー活動、裏工作、買収と汚い手でも何でも使って、国に突然変異のように現れた稀な才能を持つ選手をナンバーワンに押し上げようとするだろうという真実味。
しかも病的コンプレックスの対象である日本には伊藤みどりさん、荒川静香さんという五輪メダリストがすでにいて、また新しい才能が、奇しくもキムヨナと同い年の選手が、オリンピックの金メダルという最高の栄誉に向かって邁進している。取って代わりたい、何が何でも日本を追い越したいと思うだろうという真実味。
そして韓国のロビー力。朝日新聞の誤報だったアレが、今やどうなりました?

高橋大輔優遇説は、例の写真というとんでもないインパクトのある真実と、実際の演技と採点の不可解。うちが資料室にせっせと放り込んでるものですね。

そういう中で、例の女帝城田の陰謀論。
うちなんかはソチ前に入って来た新参者なので分かりませんが、ファン歴の長いスケオタの中では、城田憲子というのは有名なのかも知れないけど、ニワカと五輪だけは見るという関心の薄い層だと、「誰このおばはん?え?女帝?女帝wwwただのおばはんやんwww」にしかならないのでは。
いかにも女帝な恐怖エピソードのひとつもなければ。

それから、一時間の距離にスケ連副会長がいたというあれ。記事は読んでないけど、タイトルを見て「城田じゃ一般の名の通りが悪いから、名の知られてる副会長を持って来たのかな」と思ったよ。でも、そのつもりなら高橋大輔とスケ連会長のキスの事実に比べたら二番煎じ感が拭えませんね。しかも『副』会長だし一時間の距離では、ゼロ距離の高橋橋本を覆すのは難しいのでは。

城田=女帝の前提で決まり事のように書くと、同志の中ではツーカーでも、その外側にいる者には印象操作狙いにしか見えないです。
わけのわからないことを言い散らし書き散らしてる一団でしかない。

これらはもちろん自戒も込みですけど。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ

Comments are currently closed.