KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

浅田真央元コーチのタラソワが『キム・ヨナは完璧な例』と絶賛

아사다마오 전 코치 타라소바 “김연아는 완벽한 본보기” 극찬 – NAVERスポーツ

ロシアのフィギュアスケートの大集まろう浅田真央の元コーチで有名なタラソワ( 66 )がキム·ヨナを絶賛した。

最近の指導者引退を宣言したタラソワは10日(韓国時間)、ロシアのイタルタス通信とのインタビューで、 2014年にロシアのソチ冬季五輪を控えたロシアのフィギュア界を眺望しました。

キム·ヨナへの言及は、女性選手もさすがに4回転(クワッド)をすることができるの質問で出てきた。

タラソワは、 “過去の自分の弟子がしようとしたが、負傷で失敗に終わった”としながら”キム·ヨナが(しようとしていれば)することができた”と話した。

タラソワは突然話題を変え”キム·ヨナの訓練は、ただのウォームアップであるだけなのにスケーターたちの完璧な例であった。ヨナのジャンプは大きく高かった”としながらキム·ヨナに対する称賛を続けた。

インタビュアーがタラソワに”努力する例であれば弟子だった浅田真央もいないのか”と尋ねると、タラソワは、 “それは常に考えてきた。私は彼女を愛している”と微妙な回答をした。

タラソワのキム·ヨナ賞賛は異例のことだ。

彼は過去の浅田真央のコーチ時代に宿敵キム·ヨナと対立を立てざるを得なかったし、実際の”キム·ヨナの点数が高すぎる”と多くの場合、判定に不満を爆発させた。

タラソワは、 2008年から2年間、浅田真央を指導し、 2010年の世界選手権を獲得し、その年のバンクーバー冬季五輪銀メダルに導いた。

昨年の夏、浅田真央との再結合説が報道されたりしたがなされなかった。現在、ロシアスケート連盟顧問として助言の役割のみをしている。 <スポーツ朝鮮ドットコム>

全文機械翻訳

↑ の元ネタ記事が ↓ らしいんですが

В спортсменах я люблю талант, талант честный – Татьяна ТАРАСОВА

КЧЕТВЕРНОЙ ПРЫЖОК В ИСПОЛНЕНИИ… ЖЕНЩИН?

– Мы понемногу привыкли к четверным у мужчин, да – в силу физиологических способностей он покорился им первым. Известно, что и девушки пытаются его делать.

– У меня одна такая была – с ней мы собирались делать четверной тулуп. Ира Николаева, она сейчас тренером работает. Просто она потом заболела. Девочки, у которых от природы есть прыжок, очень сильная крутка, в состоянии прыгнуть четыре оборота. Я своими глазами видела, как Лиза на тренировке у Алексея Николаевича Мишина прыгала 3,5 оборота, причем на одну ногу. Видела, как Тоня Хардинг на чемпионате Америки прыгала. Я это даже сфотографировала. Это возможно.

Кореянка Ю На Ким могла бы – это яркий пример атлетической подготовки, с большим высоким прыжком. Помню ее с детства – как у нас тренируются, так она только разминается.

Но с одних прыжков невозможно работать – их в программе семь, два в каскадах. Это – только часть программы.

露文を某所で英訳してくださったのがこちら

Quad … WOMEN IN DESIGN?
– We gradually got used to the quad in men, but – because of physiological abilities,
he surrendered to them first. It is known that girls are trying to do.
– I was one such – with her we were going to do a quadruple toe loop.
Irina Nikolaeva, it is now the coach works. Just then she got sick.
The girls, who by nature is a jump, a very strong twist, able to jump four times.
I saw firsthand how Lisa in training with Alexei Mishin jumped 3.5 turns, with one leg.
Saw Tonya Harding in the championship of America jumped. I even took a photo of it. It’s possible.
Korean Yu-Na Kim could – a prime example of athletic training, with a large high jump.
I remember it from childhood – how we train, so she just warming up.
But one can not jump run – in their application seven in two stages. It – only part of the program.

それを機械翻訳

– 私たちは徐々に男性のクワッドに使用されますが、しまった – なぜなら生理能力、
彼が最初に彼らに降伏した。それは、女の子がやろうとしていることが知られている。
– 私はそのような一人だった – 彼女と一緒に私たちは四トウループを実行するつもりだった。
イリーナニコラーエワ、それが今ではコーチ作品です。ちょうどその時、彼女は病気になった。
4回ジャンプすることができる性質によってジャンプで女の子、非常に強力なねじれ、。
私はリサはアレクセイミーシンとトレーニングに片足で、3.5ターンを飛び降り方法じかに見ました。
アメリカのチャンピオンシップでハーディングトーニャが跳ね上がった。私もそれの写真を撮りました。それは可能です。
韓国のヨナキムことができる – アスレチックトレーニングの典型的な例、大型高跳びしています。
私は子供の頃からそれを覚えている – ので、彼女はどれだけ我々は電車ウォーミングアップ。
二段階で彼らのアプリケーション7で – しかし、一つは、実行をジャンプすることはできません。それ – プログラムの一部だけ。

コメントありがとうございます。和訳していただいたので、掲載させていただきます。

クワッド ー 女子選手には可能か?
我々は、身体能力から考えてクワッドは男子選手の物と言う先入観を持ってしまうが、実際に女子選手でクワッドに挑戦している選手がいる事は知られている。私もそのような例を一人知っています。現在コーチとして活躍するイリーナ・ニコライエワは、私の下でクワッド・トーループを練習していたが、病気になってしまい彼女のクワッドは完成しませんでした。
女子選手でも、資質として跳躍力、強いツイストを持っていれば、4回転ジャンプは可能です。私は、アレクセイ・ミーシンがリサにどのように3回転半をトレーニングするのかを実際に見ました。アメリカのチャンピオンシップでは、トニア・ハーディングが片足で降りるのを見たし、その写真を撮りました。ですから、女子選手でも条件さえ揃えばクワッドは可能です。
韓国人ユナ・キムは、大きな高さのあるジャンプを作る事においての身体的トレーニングの最も良い例と言えるでしょう。(私達がどのようにトレーニングをしたかという子供の頃からの経験で覚えています。ー この箇所が肝心ですが、英文が正しく翻訳されていないのでこの部分はあまり正確ではないと思います。)
しかし、フィギュアスケートはただジャンプして走るだけではなく、ジャンプはプログラムの1つの要素でしかないという事です。

「だけど(フィギュアスケートは)ジャンプして走るだけじゃないですからね、プログラムの一部というだけです」

この一文が、隣国の報道ではカットされてるらしい ァ ‘`,、’`,、’`,、(´∀`●)σ.<; `Д´>

それにしてもタラソワコーチってばステキすぎます。持ち上げといてキッチリ落す。

Comments are currently closed.

2 Responses to “浅田真央元コーチのタラソワが『キム・ヨナは完璧な例』と絶賛”

  • あき より:

    先ほどの、韓国のお嬢様の、本当にお育ちのよくわかる動画をありがとうございます。もう、爆笑させていただきました。
    そして、この記事。
    最後のトドメを、カットするなんて、さすがに韓国のなさることですね。幸せな人々。
    韓国には、キモヨナと慰安婦しか話題がないのかと思いますよ。これからも、このような面白い話題を待ってます

  • Roco より:

    僭越ながら、ある程度英語がわかりますので、英文から日本語訳してみました。ただ、英文が正確ではないので、多少誤訳になっているかもしれません。また、英語自体ちょっとどう解釈するべきか迷う所がありました。が、タラソワ氏の見解は、女子でも身体的条件を備えて正しい訓練を積めば、クワッドを跳ぶ事は可能である。しかし、ジャンプはプログラムの1つの要素でしかなく、それだけではプログラムとしては完成しないというような事ではないでしょうか?

    以下が日本語訳です。

    クワッド ー 女子選手には可能か?
    我々は、身体能力から考えてクワッドは男子選手の物と言う先入観を持ってしまうが、実際に女子選手でクワッドに挑戦している選手がいる事は知られている。私もそのような例を一人知っています。現在コーチとして活躍するイリーナ・ニコライエワは、私の下でクワッド・トーループを練習していたが、病気になってしまい彼女のクワッドは完成しませんでした。
    女子選手でも、資質として跳躍力、強いツイストを持っていれば、4回転ジャンプは可能です。私は、アレクセイ・ミーシンがリサにどのように3回転半をトレーニングするのかを実際に見ました。アメリカのチャンピオンシップでは、トニア・ハーディングが片足で降りるのを見たし、その写真を撮りました。ですから、女子選手でも条件さえ揃えばクワッドは可能です。
    韓国人ユナ・キムは、大きな高さのあるジャンプを作る事においての身体的トレーニングの最も良い例と言えるでしょう。(私達がどのようにトレーニングをしたかという子供の頃からの経験で覚えています。ー この箇所が肝心ですが、英文が正しく翻訳されていないのでこの部分はあまり正確ではないと思います。)
    しかし、フィギュアスケートはただジャンプして走るだけではなく、ジャンプはプログラムの1つの要素でしかないという事です。