KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

Mao Asada pushing skating’s boundaries

Mao Asada pushing skating’s boundaries – espnW.com

DETROIT — They had to teach her to smile.

Not the physical act, of course, but how to really feel it, to show it in public. Mao Asada’s coaches chose Gershwin’s “I Got Rhythm,” for her short figure skating program last season, and it doesn’t get more upbeat, more Western, than that.

“Most Japanese don’t show much expression; it’s hard for us,” said Asada’s agent, Mariko Wada. “It’s hard for us to express joy, a big smile, in front of people. Our culture is always calm, peaceful, no big smiles. We like to be polite.”

At first Asada literally could not do it. “Her choreographer made her have a big performance, big arm movements,” Wada said. “She would point to her and say, ‘At this point, smile. Act like you’re kidding somebody.'”
Geoff Robins/AFP/Getty Images

Her agent says Mao Asada had difficulty with expressing joy in public, even while performing on the ice.

It worked well enough that Asada, 23, the Olympic silver medalist in 2010, performed the program and finished first at the Four Continents Figure Skating Championships in Osaka, Japan, in February, and went on to win her second world championship the following month.

But she came to Detroit this weekend with a new short program, one that is more mature and romantic, perhaps more fitting for a woman who spoke recently of retiring after the 2014 Olympics, of hoping to “meet a good partner and [making] a good family together.”

Asada performed her new short program Friday at Skate America to Chopin’s “Nocturne,” nailing a triple-flip and triple-loop, double-loop combination to earn a near personal best, then capped off the weekend with a free skate Sunday to Piano Concerto No. 2 by Rachmaninov that, despite a fall on her triple Axel, earned her the gold medal.

U.S. national champion Ashley Wagner took the silver, performing a near-flawless but less technically demanding routine, while Russia’s Elena Radionova, who at 14 is too young to compete in the Winter Olympics in Sochi in February, won the bronze.

Afterward, it was a study in contrasts.

Wagner was typically effusive at their group news conference, joking about her “knotted” French braids — “My hairdresser is going to be upset but it’s my profession, there are G-forces involved” — and snapping pictures of Asada and Radionova.

Wagner and Radionova also expressed overall satisfaction with their respective results while conveying their utmost respect for the woman who will be in the hunt for gold in Sochi.

“I have to say congrats to Mao, because she is pushing this sport further and further every single competition, and that’s something we should all be very happy about,” Wagner said.

Radionova, in her first Grand Prix competition, called Asada, who became the first woman to win all six current Grand Prix Series events, “my idol.”

“I don’t see her only as a rival,” Radionova said through an interpreter. “I’m just enjoying watching her when she skates.”

Asada recalled her first Grand Prix event at 15 and feeling the same way about Japan’s Shizuka Arakawa, the 2006 Olympic champion, and American Sasha Cohen, the ’06 silver medalist.
AP Photo/Carlos Osorio

Ashley Wagner won the silver at Skate America and said she appreciates what gold medalist Mao Asada is doing for skating.

“I remember I was very happy competing with them or just being at the same competition with them,” said Asada, who would have been a favorite for the gold medal in 2006 had she been old enough to compete. “It feels kind of funny to be in their position now. It’s nice to hear the comment from [Radionova] and I wish her good luck.”

Wada called Asada the female equivalent to Ichiro Suzuki in Japan.

“I was very shocked when she said this would be her last year to compete,” Wada said, describing Asada’s celebrity. “But the next morning, I saw fans crying.”

Asada expressed the desire to travel without her skates one day, but not before winning the gold medal in Sochi, where her biggest obstacle will be 2010 gold medalist Kim Yu-na from South Korea (currently hobbled with an ankle injury), Italy’s Carolina Kostner and Wagner.

But Wada and even Asada herself do not seem convinced that Sochi will be her last competition.

“If you set a goal with no end in sight, then, oh my God, it’s a long time,” Wada said. “But if you think only until the next Olympics [it’s easier].”

Asada laughed when asked this week if she could imagine competing in a third Olympics in Korea in 2018.

“2018?” she replied with a smile, “Who knows? I’ll only be 27.”

Asada was near tears as she accepted the silver medal in Vancouver in 2010 and admitted this week that she was a little too focused on her rivalry with Yu-na.

“Obviously, anybody would be happy with a silver medal,” Asada said this week. “But that was a season when I couldn’t do most of my jumps and I was not happy about it. I came back to do a perfect program at the Olympics and show not only my jumping skills but my skating skills.”

After Vancouver, Asada said she relearned all of her jumps, struggling to land the triple Axel over the next two years. In the midst of that, in the winter of 2011, she lost her mother, Kyoko Asada, to chronic liver disease at age 48.

Wada said Asada’s grief has largely subsided.

“When she is away from home, because she has always been away so much, she always feels together [with her mother],” Wada said. “It’s harder when she’s home.”

On Sunday, Asada — who remains the only woman to consistently attempt and land the triple axel, the most difficult jump in women’s figure skating — said she was “not completely satisfied” with her program but called it “a learning experience.”

Wagner, calling her own performance “a huge accomplishment for me — a triple-triple in the long program, back-to-back clean programs,” tried to let Asada off the hook.

“The triple axel is something that’s so exciting to happen in figure skating and I really I can’t wait to see the day where it’s not just the triple-triple that’s required to be competitive but the triple axel,” Wagner said. “Having women like Mao setting the tone in that way is quite extraordinary. She’s pushing the boundaries of skating, and it’s up to us whether or not we’re going to keep up with her.”

デトロイト – 彼らは笑顔を彼女に教えなければならなかった。

物理的なもちろん行為が、どのように実際には公共の場でそれを表示するには、それを感じるように。浅田真央のコーチが選んだガーシュウィンの彼女の短いフィギュアスケートプログラム最後のシーズンに向けて”私は、リズムを得た”、そして、それはそれよりも、多くの欧米の、より明るい取得していません。

“ほとんどの日本人はあまり表情を見せていない、それは私たちのために一生懸命だ”と浅田のエージェント、真理子和田は言った。 “私たちは人々の前で喜び、大きな笑顔を表現するのは難しいです。たちの文化は、大した笑顔平和で、常に冷静ではありません。我々は丁寧になりたい。 ”

最初の浅田で文字通りそれを行うことができませんでした。 “彼女の振付師は彼女が、大きな腕の動きに大きな性能を持って作られた、 “和田は言った。 “彼女は彼女を指すと、言うだろう”あなたが誰かをからかっているようにこの時点では、笑顔が。法。 ‘ ”
ジェフロビンズ/ AFP /ゲッティイメージズ

彼女のエージェントは、氷の上で実行している間も浅田真央は、公共の場で喜びを表現するの難しさを持っていたと言います。

それは浅田、 23 、 2010年のオリンピック銀メダリストは、プログラムを実行し、 2月には、大阪、日本では四大陸フィギュアスケート選手権で初めて終了し、翌月、彼女の第二次世界選手権に勝つために行ったことが十分に働いていた。

しかし、彼女は”良きパートナーと[意思]会うことを望んでの2014年五輪後引退の最近スポーク女性のためのおそらくもっとふさわしい新しいショートプログラムは、より成熟し、ロマンチックです1 、 、 、この週末デトロイトに来た一緒に良い家族。 ”

浅田は近く自己ベストを稼ぐためトリプルフリップとトリプルループ、ダブルループのコンビネーションを打ち、 “ノクターン”ショパンのにスケートアメリカで金曜日彼女の新しいショートプログラムを実行し、その後、ピアノ協奏曲への無料スケート日曜日を週末をオフにおおわラフマニノフで2号は、彼女のトリプルアクセルでの転倒にもかかわらず、彼女に金メダルを獲得した。

14年2月にソチ冬季オリンピックに出場することが若すぎるロシアのエレナRadionovaは、ブロンズを受賞しながら米国のナショナルチャンピオンアシュリーワグナーは、ほぼ完璧な、あまり技術的に厳しいルーチンを実行して、銀を取った。

その後、それは対照的に研究であった。

ワグナーは、彼女の “結び目”フレンチひもについて冗談、それらのグループの記者会見で、通常噴出だった – “私の美容院は動揺されようとしているが、それは私の職業だが、そこに関わるG-力はある” – と浅田とRadionovaの写真を撮って。

ソチで金のために狩りになります女性のための彼らの最大限の敬意を搬送しながらワグナーとRadionovaもそれぞれの結果と全体的な満足の意を表明した。

“彼女はさらに、さらに一つ一つの競争がこのスポーツを推進している、それは私たちがすべてについて非常に幸せであるべきものだから、私は、真央におめでとうを言わなければならない、 “ワグナーは言った。

Radionovaは、彼女の最初のグランプリの競争の中で、 6つのすべての現在のグランプリシリーズイベント、獲得する最初の女性になった浅田、いわゆる “私のアイドル。 ”

“私は唯一のライバルとして彼女を見ない、 ” Radionovaは通訳を通して語った。 “私はちょうどその時彼女スケート。彼女を見て楽しんでいます”

浅田は、彼女の最初のグランプリ15でのイベント、日本の荒川静香2006年オリンピックチャンピオン、およびアメリカサーシャ·コーエン、 ’06銀メダリストについて同じように感じを思い出した。
AP通信写真/カルロス·オソリオ

アシュリーワグナーはスケートアメリカで銀を獲得し、彼女が金メダリスト浅田真央はスケートのためにやっていることを高く評価して言った。

“私は彼らと競合するか、単に彼らと同じ大会であることに非常に満足していた覚えている、 “彼女は競争するのに十分な古いされていた2006年には金メダルのために好きだっただろう浅田は言った。 “それは面白いの種類は今の位置にあると感じている。それは[ Radionova ]からのコメントを聞いて素敵だと私は彼女の幸運をお祈りしております。 ”

和田は、日本でイチローに浅田女性と同等と呼ばれる。

“彼女は、これが競争するために彼女の最後の年になるでしょうと言ったとき、私は非常にショックを受けた、 “和田は浅田の有名人を記述する、と述べた。 “しかし、次の日の朝、私はファンが泣いてました。 ”

浅田は、ある日、彼女のスケート靴なしで旅行する意欲を表明したが、ではない、彼女の最大の障害は、2010年の金メダリスト金妍兒韓国(現在は足首の負傷で足を引きずり)からイタリアのカロリーナコストナーなりソチで金メダルを獲得する前に、そしてワーグナー。

しかし和田も浅田自身はソチは彼女の最後の競争になることを確信していないようです。

“あなたは終わりの見えないとの目標を設定した場合、その後、オーマイゴッド、それは長い時間だ、 “和田は言った。 “あなたは次の五輪までのみと思われる場合でも、 [それは簡単です] 。 ”

彼女は2018年に韓国で第三のオリンピックに出場想像できれば今週尋ねられたとき浅田は笑った。

” 2018 ? “彼女は笑顔で、と答えた”知っているか、私は唯一の27になります。 ”

彼女は2010年にバンクーバーで銀メダルを受け入れ、彼女は少しもヨンアと彼女のライバル関係に焦点を当てたことを今週認めとして浅田は涙の近くにあった。

“明らかに、誰もが銀メダルで幸せになるだろう”と浅田は今週述べた。 “しかし、それは私がジャンプのほとんどを行うことができなかったシーズンだったと私はそれについて幸せではなかった。私はオリンピックで完璧なプログラムを実行し、私のジャンプのスキルが、私のスケートのスキルだけでなく、表示するように戻ってきた。 ”

バンクーバーの後、浅田は、彼女が今後2年間でトリプルアクセルを着陸に苦労し、彼女のジャンプのすべてを再学習と述べた。の真っ只中に、 2011年の冬に、彼女は48歳で、慢性肝疾患に彼女の母親、京子浅田を、失った。

和田は浅田の悲しみが大きくおさまっていると述べた。

“彼女はいつもそんなに離れていたので、彼女は、家から離れている場合、彼女はいつも一緒に感じて[彼女の母と] 、 “和田は言った。 “彼女が家だとき、それは難しいです。 ”

日曜日に、浅田 – 一貫して試み、トリプルアクセル、女子フィギュアスケートの中で最も困難なジャンプを着陸させる唯一の女性のままで – 彼女は彼女のプログラムに”完全に満足していない”しかし、それと呼ばれていたと述べた”学習体験。 ”

ワグナーは、彼女自身のパフォーマンスを呼び出す”私のための巨大な成果 – 長いプログラムでトリプルトリプル、クリーンなプログラムをバックツーバック、 “オフフック浅田を聞かせてみました。

“トリプルアクセルはフィギュアスケートで発生するので、エキサイティングなものだと私は本当に私はそれだけでトリプルトリプル競争が、トリプルアクセルであることが必要なのではない日を見て待つことができない、 “ワグナーは言った。 “真央はそのようにトーンを設定するような女性を持つことは、彼女はスケートの境界をプッシュしている。かなり尋常ではない、そしてそれは我々が彼女に追いつくつもりかどうか私たちに任されています。 “

全文機械翻訳

「マオは私のアイドル」/フィギュア – Nikkan Sports News

<フィギュアスケート:GPシリーズ第1戦スケートアメリカ>◇20日◇米デトロイト

 200点超えで圧勝した浅田真央をライバルが手放しで称賛した。2位のワグナーは「女子選手がトリプルアクセルに挑むことはエキサイティングなこと。マオは並外れていて、スケートの限界を押し上げている」と果敢に挑戦する姿勢に敬意を表した。

 GPデビュー戦で3位に入ったラディオノワは記者会見で浅田の隣に座り「マオは私のアイドル。滑るのを見るだけで楽しい」と憧れのまなざしを向けた。

※追記
コメントありがとうございます。この記事は貴重な情報源であるにちゃんねるのスケ板に貼られたのをいただいてきました。
私が探したのではないのです。ニワカなので、国内のニュースを追うのが精一杯です。。。

Comments are currently closed.

One Response to “Mao Asada pushing skating’s boundaries”

  • ぱんだん より:

    小手毬桜さん、素晴らしい記事をご紹介していただき、ありがとうございます!
    デトロイトの記者の方は、真央ちゃんの「常に向上」をきちんと評価してくださっているのですね。
    ワグナーさん、ラジオノワさんの言葉も嬉しい…!
    涙が出てきました。 真央ちゃんの超人的な努力と忍耐が報われるよう、私もできるところから頑張ります。
    素敵な記事を、見つけてくださって、ありがとう!