Yuzuru Hanyu did not say that. Please stop lying.

Statement by Yuzuru Hanyu himself.


該当部分書き起こし

アナウンサー「その後アメリカの若い選手が…」
羽生結弦「はい。決めてましたね」
アナウンサー「それはやはりもう結弦さんに憧れて、結弦さんを目標に、4回転を…」
羽生結弦「なんか研究されたって話も実際していらっしゃいましたし…」
アナウンサー「そういう全世界的に結弦さんを目標にする後輩が出て来るということは…」
羽生結弦「嬉しいですね。ただまあ僕自身も彼から学ぶこともたくさんありますし、あとやっぱり自分がスケートをやってて思うんですけど、まあ一生勉強は終わらないなっていうのは思いますし、挑戦ということもずっと終わらないなと思うので…」


Transcription of the relevant part

Broadcaster;"Then a young American player..."
Yuzuru Hanyu;"Yes. He decided to do it.
Broadcaster;"I admired Yuzuru, and I aimed at Yuzuru, to do quadruple..."
Yuzuru Hanyu;"He actually told us that he studied my quad..."
Broadcaster;"That there are now skaters who aim at Yuzuru, all over the world..."
Yuzuru Hanyu;"I am happy. I have a lot to learn from him, and I also think, as I skate, that I will never finish my study, and I will never stop challenging myself.

DeepL翻訳:世界一高精度な翻訳ツールによる機械翻訳
DeepLtranslation : machine translation by the world's most accurate translation tool

Ilia Malinin: Ready for Skate America

Who taught such a lie?
Yuzuru Hanyu never said that.
Yuzuru Hanyu has never mentioned Malinin's name in public.
When Yuzuru Hanyu said "There is much to learn from him. The learning never ends.", it is a very common social expression and a very common humility expression among Japanese people.
What Malinin said in this article is a lie.
Yuzuru Hanyu does not endorse the ”skid” Axel jump.
Please stop trampling on Yuzuru Hanyu's pride as a figure skater.


※Some excerpts

Before Malinin broke the quad Axel barrier in Lake Placid, the skater most closely associated with the jump was two-time Olympic champion Yuzuru Hanyu. Hanyu worked on the quad Axel for years and attempted it in his free skate at the Beijing Olympics in February. Malinin spoke of Hanyu’s influence on his own skating.
“I’ve heard [that] in a couple of interviews, he was talking about me, and how he’s grateful that I’m putting a lot of time and effort into trying this quad Axel, and that I landed it. And that he sees me a very strong-willed person,” Malinin said. “I definitely appreciate that compliment, because he’s my inspiration for skating. I would even say he’s the reason I started skating. When I was little, I’d always want to be like him, have the style of him. Hearing that he wants to have his Axel be like mine … It’s amazing. I can’t even take it in.”

引用元 - A Divine SportArchive


誰が彼にこんな嘘を教えたのでしょうか。
羽生結弦選手はこんなことは言っていません。
羽生結弦選手はマリニンの名前を公の場で一度も口にしていません。
羽生結弦選手が言ったのは「彼から学ぶこともたくさんあります。一生勉強は終わらない。」という、日本人によくある謙虚な表現であり、ごく一般的な社交辞令です。
この記事でマリニンが言ったことは嘘です。
羽生結弦選手は「横滑り」するアクセルジャンプを是とはしていません。
羽生結弦選手のフィギュアスケーターとしてのプライドを踏みにじるような行為はやめてください。


※一部抜粋

レイクプラシッドでマリニンが4回転アクセルの壁を破る前、このジャンプに最も深く関わっていたのは、2度のオリンピックチャンピオンの羽生結弦選手でした。羽生選手は何年も前から4回転アクセルに取り組み、2月の北京オリンピックのフリーで挑戦していた。マリニンは、羽生が自身のスケーティングに与えた影響について、こう語った。
「いくつかのインタビューで、彼は僕のことを話していて、僕がこの4回転アクセルに挑戦するために多くの時間と労力を費やしていること、そしてそれを着氷させたことに感謝している、と言っていたのを聞いています。そして、私のことを、意志の強い人間だと見てくれている、と。「彼は、私のスケートのインスピレーション源ですから。彼がいたからスケートを始めたと言ってもいいくらいです。小さい頃は、彼のようになりたい、彼のようなスタイルになりたいと、いつも思っていました。そんな彼が自分のアクセルを僕のようにしたいと言っているなんて......驚きです。信じられないくらいだよ。

DeepL翻訳:世界一高精度な翻訳ツールによる機械翻訳