転倒ジャンプで回りきったか回転不足かの検証


物議をかもしてる(らしい)回りきって転倒と回転不足による転倒の得点の違い。
回りきって転倒の場合、Deductionsのが1点減点とGOEの減点はされますが、試みたジャンプの基礎点が付きます。
回転不足による転倒の場合は、基礎点もダウングレードされます。

ジャンプはとにかく転ばないのが肝要、転倒は有無を言わさず失敗ジャンプという意見もありますね。
回りきって転倒の場合、Deductionsのが1点減点とGOEの減点はされるが、試みたジャンプの基礎点が付くというのは、転倒で減点、見栄えが悪いからGOEで減点、でも4回転という技として成立してるから認定しますよ、基礎点フルに付けますってことだと思います。
例えば回転不足の両足着氷だった場合、転んでないからDeductionsの減点はなし、見栄えが悪いからGOEで減点して、さて4回転という技として認定していいか?となったら、4回回ってなかったら4回転じゃない、って思いませんか?だから基礎点が減点される。
どちらも理屈としては実に理に適ってると思うんですが。

とにかくなにがなんでも転ばなきゃいいってことになったら、最初から回転不足両足着氷狙いとか、苦手な技、高難度な技ははなから回避ってことになりませんか?
技術の進歩が停滞しちゃいますよ。

そういえばループ跳ばない元選手がいたなーーーーーーっと。

物議をかもしてる羽生結弦選手の中国杯FSのジャンプのまとめページを作りました。見てるだけで痛々しいですが。。。
Yuzuru Hanyu - Jumps - ISU GP Lexus Cup of China 2014

転倒したジャンプの着氷の様子を見てみると、回りきって着氷してから体勢を保持できず、後ろに転んでいるジャンプが多いと思いました。
回転不足でグリってバランスを崩したようには見えません。

単独フリップまでが前半で、以降が1.1倍になる後半です。コンビネーションはどちらも後半で跳んで成功しています。

PCSに関しては、私はまだニワカなので言及は控えますが、回転不足に関しては見逃しがされているとは思いません。
あくまで個人的な心証ですが。


羽生選手の転倒ジャンプに回転不足を取るべきか?


羽生選手の4T(回りきって転倒)


高橋選手の4T(回転不足で転倒)

2011年全日本FS


2012年グランプリファイナルFS


2012年四大陸

※ただし、高橋選手の転倒4Tは、上2つは回転不足を取られてません。
得点は
4T 10.30 -3.00 ←羽生選手中国杯
4T 10.30 -3.00 ←高橋選手全日本(伝説のフリー3転倒で優勝)
4T 10.30 -2.70 ←高橋選手GPF
4T< 7.20 -3.00 ←高橋選手四大陸

回転不足を取るべきなのは?

一目瞭然。


あと、跳んだだけで着氷してないという意見がありますが、跳び上がっただけで着氷してないジャンプというのは、こういうのをいうのでは?
キムヘジン選手の2A

着氷動作がなく転倒というより落下。
とても分かりやすい例なので使用させてもらいました。


Back