見えない敵と戦う人たち

全米選手権絡みで海外案件2つ。

1.全米選手権女子の結果のツイートに不満のリプをした人を羽生ファンと決め付け。

2.バイデン大統領の就任式に出席したネイサンの姉がツイッターを見たらネイサンへの批判がズラリだった模様。
これを羽生アンチが「どーせ羽生オタ」とヘイトに利用する懸念がある。

WENT ON TWITTER TO TRY TO LOOK UP WHEN MY BROTHER WAS GOING TO BE ON TV DURING THE INAUGURATION AND WAS REMINDED OF WHY I HATE FIGURE SKATING TWITTER.
WHAT IS WITH THE HATE AND THE VITRIOL AND THE PERSONAL ATTACKS? AND @-MENTIONING HIM TO MAKE SURE HE SEES THE HATE?
@ ME INSTEAD NEXT TIME.

機械翻訳+意訳

大統領就任式で弟がテレビに出ることになっていたので、ツイッターで調べてみたら、なぜフィギュアスケートのツイッターが嫌いなのか思い出した。
憎しみと暴力と個人攻撃ばかり。
憎しみを見せつけたいの?
次は私が代わりに。

ネイサンの姉がうちのサイトを見ているかどうか知らないけど、「ネイサンを批判している羽生ファン」には違いないので(正確にはジャッジだけどね)、視野狭窄した木を見て森を見ずな羽生アンチが利用する可能性があるので、十把ひとからげに何でもかんでも羽生オタがーと言わないよう警告します。

つか、暴言でも誹謗中傷でもない、映像とデーターを「憎しみと暴力と個人攻撃」と言われても困りますが。
「5種クワド装備のジャンプの天才ネイサン」の虚像をバラした自覚はちょっぴりあるので、日本の羽生アンチ兼ネイサンファンからは恨まれてはいるだろうよ。羽生アンチが「過激派羽生ファンの条件」云々の話で、過去のプロトコルを晒すヤツ許さんと言ってるのも、もしかしてうちのことか~?とちょっと思ったし(笑)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ