例え話の意味が分からないんだが

某ブログ主とは違う某ブログ主(ややこしい)記事ネタ。

>「なかった」は証明できない。だから「真偽不明」。この二択のみ、よろしいですね、とのたもーておられる。
>それを認める限り、いくらでも誹謗中傷を発信することが出来る。
>例を出そう。「あの人は夫以外の男性とラブホテルに行った」、例えばこういう虚偽を、言った本人が責任を取ることもなく語れるのだ。

は?
意味が分からない。
「例えばこういう虚偽を、言った本人が責任を取ることもなく語れ」ません。これは言った側に実証責任がある。根拠がなければデマ。
ラブホテルに行ったことが「ある」と主張する側に証拠を提示する責任が伴います。

逆に、ラブホテルに行ったことが「ない」と主張する側も、ホテルに行っていたとされる日時にどこにいたかを明らかにすることで、ホテルに行ったことが「ない」ことの証明は不可能でも、ホテルに行ったことが「ある」と主張する側に反証することができます。

何が言いたいんだ。
まったくもって意味が分からない。
「なかった」は証明できない!悪魔の証明だ!と自分が言ったのに、「ない」を証明できないのをいいことに誹謗中傷まき散らし放題とか、「真偽不明」ならいくらでも誹謗中傷を発信していいなんて私は一言も言ってませんが。自説の正しさを証明できないなら事実のように書くのはやめろとは言ったけど。

世の中それほど単純じゃないし、デマを鵜呑みにするおばかさんばかりじゃないよ。だからどんなに誹謗中傷ツイートをしても羽生選手の人気は羽生アンチの望むように衰えないんでしょ。
こちら側も影響が甚大ではないからと言って黙認するお人よしばかりじゃないですけどね。

>「真偽不明の悪い話」はきちんとした根拠がない限り、「妄言」として扱う。

だから、これをこちら側も最初から言ってるんだけど。「真偽不明」の話を事実のように書くのはやめろと。

しかしソースは出したくないのに「羽生ファンの方が酷い」と言いたい心理ってなんなんだろうな。お得意のなすりつけ?
遺影の件のように反撃されてお終いなのでは。
まあwikiの誹謗中傷の質と量を考えれば、多少なり羽生ファンも悪いことにして罪を軽くしたいんでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ