KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

サルコウとトウループの見分けができない

ドニワカさんのためのgif

4回転サルコウ

これがトウを突いてるように見えるって大丈夫か?
 
 
4回転トウループ

 
 
サルコウとループの区別がつかないなら分かるけど、エッジジャンプとトウジャンプの区別がつかないのはまずいんじゃないかな。
分かってて言ってるならいいけど。
 
 
後半4回転トウループ-3回転トウループコンボもどぞー

まさに「回転不足?何それ美味しいの?」状態|)゚0゚(| ホェー!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ

Comments are currently closed.

2 Responses to “サルコウとトウループの見分けができない”

  • こつぶ より:

    こんにちはー。お久しぶりにお邪魔させていただきます。
    これほどクリーンなジャンプを見てもわからないのは
    もはやドニワカというより・・・アレがアレなんでしょうね。
    最近では「トウループがエッジエラー」とか
    アクセルを他の種類のジャンプと解釈するのも流行っているようで
    ジャンプ検証の前にそういう方々の学力を検証する方が急務ではと思われます。
    それにしても、ボーヤン可愛かった~。
    無良くんは相変わらずめっちゃ優しいし。
    去年からどの試合も雰囲気いいですね。

  • momo より:

    はじめて書き込みさせていただきます。小手毬さんのブログ、試合が終わる度にチェックさせていただいています。

    いつもはロム専なのですが、こちらの話題が気になってつい書き込みたくなってしまいました。
    実は私も羽生選手の4Sと4Tの区別がついてなかったドニワカです;;
    別記事でご指摘されてるように、私も「サルコウは八の字」と覚えた口です。なので、ジャンプ前はフリーレッグが軸足の横か後ろ気味になると思ってたんですね。自然、順回転なら体は右に開くもんだと・・。実際は軸足をぐっと踏み込んで飛び上がるので、軸足が後ろで体は左に開くのですが・・・。3回転だったり、ハビくらいサルコウが大得意ならこの姿勢は一瞬なのですが、羽生選手は回転の勢いを増すためか、この姿勢になってる時間が長めのようです。なので、一瞬トーループの構えに見えてしまって、「あれ?」と思った瞬間にはもう回転しちゃってると・・・。当然、トゥをついたかどうかはわかりません;氷とエッジの接地面ってただでさえ見にくいし・・。最近は見慣れてきたので、体の捻り具合で「ああ、4Sか」とわかるようになりました。(でもトゥは未だにスローでないと確認できない・・)
    似たような理由で、私は無良選手の4Tを4Sと見間違えます。こちらは、跳ぶ前に軸足とフリーレッグを入れ替える(ステップの一環なんでしょうか?)のですが、その一連の動作が羽生選手の4Sの跳び方に似て見える;
    彼が4Tを跳ぶたび、「やったー!4S成功!これで晴れて二刀流だー!!」→「綺麗な4Tですね」→(゜Д゜)を繰り返してます・・・。羽生選手の4Sに見慣れちゃったのと、無良選手が4Sを入れる日を心待ちにしてるのが原因かも。

    勿論、小手毬さんが資料を提示してる相手は悪意ある先入観で見てる可能性が高いですけど・・・。
    ドニワカには各個人で異なるジャンプの見分け方は本当に難しいという一例とお思いください;
    長文失礼しました。