KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

橋本聖子議員 高橋大輔への“暴走愛”「初恋の人に似ているの」

『女性自身』だけども、こんな記事出ました。

橋本聖子議員 高橋大輔への“暴走愛”「初恋の人に似ているの」 – 女性自身 9月2日(火)0時0分配信

「橋本聖子会長の高橋選手への執心ぶりは、“キス写真”報道以前からスケート連盟内で知られていました。国内の大会でも他の男子選手そっちのけで『あっ、大ちゃんの演技だけはしっかり見なきゃ!』と、役員たちの前で大はしゃぎですからね」(スケート連盟関係者)

 高橋大輔選手(28)への“セクハラ熱烈キス”が報じられた日本スケート連盟会長の橋本聖子議員(49)。スケート連盟だけでなく、実は政界でも彼女は高橋に対する“恋心”を漏らしていたこともあるという。

「女性議員の会合で、橋本議員は『大輔は、高校時代に憧れていた初恋の先輩に似ているのよね』と、高橋選手が好みのタイプだと自ら告白していました。酔っ払っては会話の中で『大ちゃんは』『大ちゃんは』と連呼し、うっとりしていたそうです」(自民党関係者)

 彼女の“暴走愛”が目に余るようになったのは、日本スケート界のトップである連盟会長に就任した’06年から。

「彼女は高橋選手の練習場所に頻繁に顔を出すようになりました。リンクで練習する彼をとろけるような目で見つめる姿が、多くの関係者に目撃されています。ときには『大ちゃん、一緒に滑ろう!』と、リンクに飛び出す姿も見られています」(前出・連盟関係者)

高橋本人や選手たちはもちろん、スケート関係者は全員、こうした会長のという。
“公私混同”を黙認せざるをえなかった
「橋本会長に一度でもにらまれたら、自分の将来に影響します。五輪や世界選手権の代表の決定にも大きな影響力を持っていますから。会長は連盟だけでなく東京五輪の組織委員会の理事でもあります。スポーツの世界で生きてくためには、彼女のご機嫌を損なうことは出来ません」(別の連盟関係者)

彼女の“暴走愛”を、周囲は誰もとめられなかったのだ。

50リーチのおばさんが、高校時代の初恋の先輩に似てるからと、ドドメ色の秋波を垂れ流し、追い掛け回し、ついには熱いキッスまで(オエ)
そんなセクハラおばさんが会長慰留だそうです。

橋本聖子氏、辞意表明も慰留され会長続投…12キロ減もキス騒動には「悪い雰囲気でなかった」 – デイリースポーツ 9月1日(月)16時18分配信

 ソチ五輪閉会後の打ち上げでフィギュアスケートの高橋大輔(28)=関大大学院=にキスを強要したと「週刊文春」に報じられた日本スケート連盟の橋本聖子会長(49)が1日、都内で行われたスケート連盟の理事会に出席し、冒頭で会長職についての辞意を表明したが、理事会に慰留され、続投を決めた。

 ここまで股関節などの既往症で入退院を繰り返していたという橋本会長は、杖をついて登場。体重は12キロ落ちたという。理事会後には騒動後初めて報道陣に対応し「団長として、またスケート連盟会長の立場として、もっと早くこのような場でお話しするべきだったが、ちょうど週刊誌にこの件が出た時に入院していて対応ができなかった。スポーツ界、そしてスケート、フィギュアスケートを支えてくれているファンの皆様に、大変ご迷惑をお掛けして、改めてお詫び申し上げます」と、謝罪した。

 当時の状況については「硬い団長よりもフランクにやった方が(周囲も)リラックスできるという雰囲気もあって、盛り上げる場に乗ってしまったというのが正直なところ」と反省した上で「その場は決して悪い雰囲気ではなかったというのをご理解頂きたい」と、改めて強要はなかったという認識を示した。

 騒動の責任を取る意味と体調面から、理事会の冒頭に辞意を申し出たが、理事会から慰留され、続投することに。「けじめをつける意味で、辞任を決意したとお話しさせていただいたが、進退は私が決めることではなく、理事会に一任し、協議してもらった。結果については、前に進んでいくというご意見を一致の中で頂いた」。JOCの常務理事、選手強化本部長についても「職責を全うしたい」と、話した。

 この件について高橋は8月末のアイスショーでの会見で「五輪に向かう緊張感の中で禁酒をしていたこともあり、打ち上げのところでお酒が入ってはしゃぎすぎた。もう少し考えて行動しないといけないなと思いました。ただ、僕自身もパワハラ、セクハラがあったとは一切思わない。大人と大人がちょっとハメを外しすぎたのかなと思います。すみませんでした」と、話していた。

セクハラしちゃったけど「その場は決して悪い雰囲気ではなかった」んですって。
『ハジシラズ』というプレートを掲げて動物園で公開したいような珍獣ですね。
選手の意向はどうあれ、会長側からゴリ押しの優遇がなっかったと思う方がムリ。妨害になる選手の冷遇も。。。。。。

疑惑

高橋の選考のために他の選手の点数下げたり(織田)
王者と二戦とも当たらせて潰そうとした(羽生)
首相に媚び売るために女子選手をハグさせる(真央)
地方予選免除なし全日本までに6試合出場で消耗(町田)
前年四大陸選出なしポイント獲得できず(織田・小塚)

【疑惑】ソチオリピック代表選考スレ【再燃】

※追記
コメントありがとうございます。
ジャッジ批判と選手の批判は本来別物なんですけど、ジャッジ及び採点批判=選手批判になってしまいますね。私自身ちゃんと線引きをしているかと問われれば、特にキムヨナに関しては非情にあいまいですが。
私自身が選手が公平公正に採点されていないと感じ、このようなブログとサイトを立ち上げたのですが、不当な下げ採点だけ批評して、上げ採点は黙ってありがたく受け取っておけ、あるいは自国の選手、応援している選手の利益になるなら不正採点でも何でも気にしない、というのを是と考える性格ではないのです。上げ採点で順位が動けば、不利益を被る選手が出ます。考え方の違いとご理解ください。
それと、採点について批判している人は、すべての選手の演技を見て批判しているのでしょうか?
そもそもすべてのってどこまで?国、年令、時代と、広げれば広げるほど膨大になりますが。
話は変わりますが、最近ルパン三世の実写映画が酷いと言うレビューを読んだのですが、映画レビューなども「すべての映画を見て批評せよ」とおっしゃいますか?
「ひどい映画」「最低の映画」のレビューに、もっとひどい映画は他にもある。すべての映画を見てから批評せよ、というのと同じ理屈ですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ

Comments are currently closed.

4 Responses to “橋本聖子議員 高橋大輔への“暴走愛”「初恋の人に似ているの」”

  • みみ より:

    国民の代表として模範的な行動をとるべきである国会議員が私情丸出しで
    税金を使い、いちミーハーファンのような追っかけをしていたのですね。
    辞意表明→慰留の茶番劇を演じてけじめをつけたつもりですかね。
    こんな人間を会長に据え置き続けるスケート連盟の非常識には呆れかえります。
    私も辞任要求に署名しましたが、こんなものは握りつぶされるのでしょうね。
    やるせない気持ちです。

  • butterflyfish より:

    >高橋の選考のために他の選手の点数下げたり(織田)
    王者と二戦とも当たらせて潰そうとした(羽生)
    首相に媚び売るために女子選手をハグさせる(真央)
    地方予選免除なし全日本までに6試合出場で消耗(町田)
    前年四大陸選出なしポイント獲得できず(織田・小塚)

    三番目は確かに橋本氏がやったことですが、他はもし本当にそうだったとしても、フィギュア部門の人がやったことですよね?スピードスケート出身の橋本氏が、採点や派遣など細かいことに関与していたという証拠でもあるんですか?

    連盟が五輪代表に高橋選手を選びたいと思っていたのは確かだと思います。多少の点数操作もあったかもしれない。でも、それは国際試合で安定して好成績を残し、国際的にも評価の高い選手だからであって、会長のお気に入りであるとかいうことは全く関係がないと思います。

    女性誌の全く裏付けのない下世話な記事を元にこのようなことを書かれても、説得力がないばかりか人格を疑われるだけですよ。

  • Yu-Bi より:

    証拠はなくても、こういう疑惑が出ても仕方ない行為だと思います。(もちろん、高橋選手が悪いわけではなく、橋本聖子の言動が問題なのですが・・・)
    いろんな意味で、最大の被害者は、高橋選手だと思います。好意を持たれるくらいだったら、嬉しいのかもしれませんが・・・・

    良かった点は、これからは容易く高橋選手に手出しはできなくなることですね。

  • takatomo より:

    はじめまして、いつもブログを読ませていただいています。

    連盟がというよりかは、P&Gや電通がじゃないんですか?
    その強い意向で連盟がだとおもうのですが・・・。

    そういう点では、私個人の感じ方ですが・・・
    羽生選手も、高橋選手も同じかと思います。

    電通のやり方は、浅田選手の件から多くを学んだと思いますが・・・。
    断っても地獄、引き受けても地獄・・・私はそう思っています。
    今の羽生選手も、私は見ていて辛いですが・・・。

    女性自身という雑誌は、浅田選手を叩き始めた雑誌だったと記されている方もおられます。
    この記事の裏にあるものを読み取ることも大事かと思います。
    矢面に立たされているのが連盟だと感じます。

    検証は検証でされたらいいと思いますが、同じ検証されるのであればすべての選手をされてみて
    スポンサーなどを考慮してどういうものが出てくるのかを見られた方がいいじゃないですか?
    選手たちは、採点はジャッジに任せるしかない。
    ジャッジは誰の意向を受けて動いているのか?ではないでしょうか?
    連盟が悪いと思いますが、連盟のどこがどう悪いのですか?
    連盟がそうすることによって、一番得をしたのは誰ですか?
    シナリオを書いている人物は、橋本聖子ではないでしょう。

    スポンサーの話を甘受した高橋選手が悪いと仰るのであれば、
    断っていたら、本人は勿論のこと彼の関係者にどのような影響があったのでしょうね・・・。
    浅田選手の時のことを思うと、恐ろしいです。
    羽生選手にも同じことは言えると思いますが?

    私の感じるところです。裏付けも、何もないのにコメントをしまして申し訳ありません。
    そう感じる人間もいたということです。
    選手叩きで終わらず、これからの選手たちにも活用できるような検証をされることを
    勝手ながら祈っています。

    何が悪いって、選手を自分たちの都合のいいように利用する企業が悪いと思いますが?
    橋本聖子は、事実関係なくこのような話、写真が出たことに関して何らかの責任はとるべきでしょうし、
    連盟関係者も同罪では?でもそうなると困る人間が多すぎて、やり過ごす・・・ってところでしょうか?
    なんかスケート連盟は、脅されているようにも見えなくもないですが。

    的外れなコメントをしているかと思いますが、お気を悪くされたら申し訳ありません。
    まとまりのない文章で、失礼いたしました。