KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

キムヨナ判定論議終息

김연아 판정논란 종식, CAS에 제소하지 않기로 – DAUM

キム・ヨナ判定論議終息、CASに提訴しないことで出処SBS |クォン・ジョンオ記者|入力2014.06.24 11:09

去る2月ソチ冬季オリンピック フィギュアスケーティングから出たキム・ヨナ選手の’判定論議’が事実上終わることになりました。

対韓氷上競技連盟のある関係者は”去る19日常任理事会を開いて国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴しないことで最終結論を下した”と明らかにしました。

この関係者は”過去のキム・ドンソン、ヤン・テヨン選手事例であらわれたようにこの案件を持って控訴することが何の実益がないという結論に到達した”と明らかにしました。

大韓体育会も”氷上連盟から控訴しないことにした方針を伝達された”として”これでこの問題に対するすべての手続きは終了した”と話しました。

大韓体育会と対韓氷上競技連盟は去る4月審判陣構成が誤ったなどの理由を挙げて国際氷上連盟にこれの申請をしたが今月の初めに結局棄却されました。

棄却判定に従わない場合、23日まで国際スポーツ仲裁裁判所に控訴することができたのに対韓氷上競技連盟は控訴しないことで決定しました。

キム・ヨナは去る2月ソチ冬季オリンピック フィギュアスケーティング女子シングルでずば抜けた演技をしてもロシアのアデル・リナ ソトゥニコバに遅れをとって銀メダルに留まりました。

以後インターネットを通じて競技直後ソトゥニコバがロシア審判であるアラーセコプセバと抱擁を分けた場面が流布して不公正判定論議が広がりました。

これと関連して国際氷上連盟は”競技後ソトゥニコバとロシア審判が抱擁したことは選手に監査(感謝)を現わす自然な動きで祝う姿は誤った行為と見なすことはできない”と明らかにしました。
クォン・ジョンオ記者kjo@sbs.co.kr

全文機械翻訳

日本でも記事が出たので貼っとく。
キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念 – デイリースポーツ

キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念
デイリースポーツ 6月24日(火)17時30分配信

キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念

 ソチ五輪フィギュア女子で銀メダルに終わったキム・ヨナ(韓国)の採点を不服とし、国際スケート連盟(ISU)に異議申し立てをしていた大韓スケート連盟が24日、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を断念した。中央日報(電子版)が伝えた。

 ISUは今月4日、大韓スケート連盟と大韓体育会が提起した審判員の構成問題に対する訴えを棄却していた。

 スケート連盟側は24日、「ソチオリンピック女子フィギュア判定問題に関して国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しないことにした」と発表したという。

 中央日報は「ソチ五輪でキム・ヨナはクリーンな演技をして、計219.11点を獲得した。しかしフリープログラムでジャンプを失敗したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が224.59点の高得点を取り判定疑惑が提起された。」と伝えている。

 韓国側は、競技後、ソトニコワとロシアの審判が抱擁し合った場面や、審判員にロシア・フィギュア連盟元会長の夫人が含まれていたことに疑問を呈していた。

CASに提訴しないことが決まりました。
戦うことにキレイとキタナイの区別のないお隣ですから、逆恨みの火病でソト子への嫌がらせがさらに過熱するのではないかと懸念してます。
金さんを『不当』に嫌う『悪の巨大組織マオタ』が、ISUにお金を積むとか脅迫するとかして、提訴を潰したと言い出すかもしれません。
なにしろW杯アルジェリア戦で負けたのは日本のせいだそうですから。

なんにせよ、金さんにファンを諌める気はサラサラないようです。かつての練習妨害発言でも、自分の不用意な発言で迷惑をかけて申し訳ない、過激な報道は控えて欲しいと言わずに逃げましたよね。

今回も、正式にCASに訴えることもできたのにしなかったのだから、この結果を受け入れ、選手への中傷行為は止めて欲しいと言えばいいのに言いません。
練習妨害発言の時はオコチャマだったかもしれないけど、今はいい年をしたオトナです。
まあ、例えオコチャマでも、周りにオトナがいるでしょ?と思いますが。良識あるオトナはお隣の国にはいないの?

ところで、IOCの主要委員が韓国平昌を訪れるそうですね。バッハさんとかチンクさんとか。明日25日12時に仁川空港到着だそうです。いまさらデモをしようという動きがあるようですよ。大々的に。大々的。。。。。。って19人?

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ

Comments are currently closed.