KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

提訴にまつわるドタバタ喜劇

某所より情報イタダキ。
3月25日の記事なので、ちょっと前のですが。

まず大元の記事
キム·ヨナ項の遅れ?見逃してしまった’1時間’ – NAVERニュース

ヨナ項の遅れ?見逃してしまった’1時間’
記事入力2014-03-25 14:07|最終修正2014-03-25 14:13

ソチ冬季オリンピックで出てきたキム·ヨナの判定論難と関連して、大韓体育会と大韓氷上競技連盟が21日、国際スケート連盟に異議( Complaint )を提起しようロシアで最初の反応が出ました。ロシアのメディアは、韓国の異議申し立ての事実を伝えたキム·ヨナが抗議しようとした場合、ソチでなければならなかったと主張しました。この言葉が正しいか間違っているかどうかを調べるために、国際スケート連盟( ISU )の規定をもう一度見てみました。 ISUの規定は、大韓氷上競技連盟のホームページにも記載されています。

審判の判定と関連してキム·ヨナと氷上連盟ができる最初のステップが抗議( Protest )です。

「 Protests must be filed with the Referee in writing and within the stated timelimit 。 At the same time 100 Swiss Francs or other convertible currency to thesame value must be deposited with the Referee 。 ”

つまり、決められた時間内に100スイスフラン(約12万2千ウォン)やそれに相当する他の通貨(ドルやユーロ)と一緒に審判員に書面で抗議を提出しなければならないということです。ここで最も重要なのが、決められた時間( Time limit )です。一般的な抗議は試合終了後30分以内に、審判の構成に関する項は、発表から1時間以内に、スコアの計算違いについての抗議は24時間以内に定められています。キム·ヨナに審判が不利に構成されることは、すでに予想されていました。選手の技術成功するかどうかを最終的に判断するテクニカルコントローラーが2月17日に公開されました。ロシアのアレクサンダー·ラ·ケルニーク、ロシアのフィギュア協会副会長を務めていた人物です。 2月19日のショートプログラム審判が発表されました。 13人の審判のうち、9人が抽選で決定しました。抽選で離れた4人は規定上、自動的に次の日、フリースケートの審判を務めることになりました。この4人の中に「問題の人物」が2人も含まれていました。全ロシアフィギュア連盟の会長兼現ロシアフィギュア連盟事務総長であるバレンティン被シェフの夫人アラシェコフ歳まさに競技直後、ロシアのソートニコバーと抱擁した人です。もう一人は、ウクライナのガラスの足コ1998年長野冬季オリンピック当時の同僚のカナダ審判に談合を提案して発覚され、1年間の資格停止を受けました。また、他の審判の1人は、旧ソ連連邦所属だったエストニア出身です。テクニカルコントローラインラケルニーク、シェコフセバはもちろん、ウクライナとエストニア審判もロシア語を自在に駆使する人々です。このような審判がキム·ヨナのフリースケートを採点するという事実は、すでに競技前日に予告された状態でした。大韓体育会と大韓氷上競技連盟が対策を立てるに十分な時間があったという点です。

ソチ時間で2月20日午後6時15分に「問題の人物」が含まれているフリースケート審判9人が発表されたし競技は午後7時から始まりました。だから午後6時15分から1時間後の午後7時15分が過ぎて、キム·ヨナ側は審判問題に関して抗議( Protest )することができる「法的権利」がなくなったことです。 ( Protests concerning the composition of the panel of Officials must be filed within one hour of its announcement )カタリナ·ビットの後26年ぶりに2回連続優勝に挑戦したキム·ヨナの運命を分けた痛恨の1時間でした。当時、現場にはジョンホンウォン総理大臣をはじめ、大韓体育会、大韓氷上連盟など韓国スポーツ界の主要機関長が総出動したが、審判の構成に関する「抗議」はしていません。 ISU規定上、採点に関する抗議」は認められません。したがって、私たちが現場で唯一できるのは審判の構成に関する項のでした。状況がこうであるにもかかわらず「抗議」をしていないのは、第3者が見るには、どのようなスコアを受け取っても構わないという、ひどく表現すれば「処分に任せる」ということにしかなりません。

下痢、我が方が「抗議」しても棄却される可能性が高かったのは事実です。ところが「抗議」になると、我々としては、一種の「警告の効果」を得ることができます。審判が不公平な判定をするならば、今後の魅力は、もちろん、すべての対策を動員するという強い意志を表現するものだからです。また、この時、 「抗議」と却下されても30日以内の魅力」 ( Appeal )することができる法的権利が生じます。結局、大韓体育会と大韓氷上連盟はソチ現場で「抗議」していない、まったくの魅力」ができなくなりました。 「抗議」と「控訴」とは異なり、異議申し立て( Complaint )は、何の拘束力はありません。国際スケート連盟のセリーナバニーエールのスポークスマンは、フリースケーティングの翌日の2月21日にこう言いました。

” We haven’t received any letter of protest or complaint or anything 。 All ISU members know the rules of protest 。 That’s something that’s very clear to our members 」 (我々はどのような抗議や申し立てを受けたことがありません。すべてのISUメンバーたちは抗議のルールを知っています。メンバーたちに非常に明確なルールがあります。 )最終的にはフリースケーティングが開かれる直前に正式に抗議していない控訴もすることができなくなったさらにIOCやスポーツ仲裁委員会( CAS )に提訴する道も実質的に詰まらされたものです。事故が起きたときの緊急措置により、人の生死が分かれます。犯罪事件も初動捜査に失敗した場合、犯人を捕まえるのは容易でありません。スポーツも同様です。最も重要なことは現場で仕事が起きたときに迅速に対応することです。審判がキム·ヨナに非常に不利に設定されるという事実は、すでに一日前に知られており、メディアでも報道された。しかし、大韓体育会やスケート連盟は何の措置も取らんでした。国際スケート連盟が抗議」の規定を知らなかったなら、無能であり、知ってもしていなかったなら、一言で言えば、卑怯だったのです。 2016年リオオリンピック、 2018年平昌冬季オリンピックを控えた韓国のスポーツとしては、今回の事件を痛恨の教訓とすべきと思われる。

グォンジョンオ記者kjo@sbs.co.kr

以上全文機械翻訳

これをあつかったブログの記事
[壮大な自爆]キム・ヨナ問題で提訴したけど、実は控訴できる資格がなった 「終わった、、、」by韓国人 – ホル韓ニュース速報「改」

キム·ヨナ側は審判問題に関して抗議(Protest)することができる「法的権利」が消滅してしまった。

キム·ヨナ抗議の遅れ?見逃してしまった「1時間 」

ソチ冬季オリンピックで発生したキム·ヨナの判定論難と関連して、大韓体育会と大韓氷上競技連盟が21日、国際スケート連盟に異議(Complaint)を提起したことについて、ロシアの最初の反応が出ました。ロシアのメディアは、韓国の異議申し立ての事実を伝え、キム·ヨナが抗議する場合、ソチで行わなければならなかったと主張しました。この主張が正しいか間違っているかどうかを調べるために、国際スケート連盟(ISU)の規定をもう一度見てみました。

ISUの規定は、大韓氷上競技連盟のホームページにも記載されています。 審判の判定と関連し、キム·ヨナと氷上連盟ができる最初のステップが抗議(Protest)です。

「Protests must be filed with the Referee in writing and within the stated timelimit。 At the same time 100 Swiss Francs or other convertible currency to thesame value must be deposited with the Referee」

すなわち定められた時間内に100スイスフラン(約12万2千ウォン)か、それに相当する他の通貨(ドルやユーロ)と一緒に審判員に書面で抗議を提出しなければならないということです。ここで最も重要なのが、決められた時間(Time limit)です。一般的な抗議は試合終了後30分以内に、審判の構成に関する項は発表から1時間以内に、スコアの計算違いについての抗議は24時間以内と定められています。

キム·ヨナへ対しての審判が不利に構成されることは、すでに予想されていました。選手のテクニックの合否を最終的に判断するテクニカルコントローラーが2月17日に公開されました。ロシアのアレクサンダー·ラ·ケルニーク、ロシアフィギュア協会副会長を務めていた人物です。

2月19日のショートプログラムの審判が発表されました。13人の審判のうち、9人が抽選で決定されました。抽選で外れた4人は規定上、自動的に次の日、フリースケートの審判を務めることになりました。 この4人の中に「問題の人物」が2人も含まれていました。全ロシアフィギュア連盟の会長兼現ロシアフィギュア連盟事務総長であるワレンティン・ピセーエフ氏の夫人、アラ・シェコフチョワ氏は競技直後、ロシアのソートニコバーと抱擁した人です。もう一人は、ウクライナのユーリ・バルコフは1998年長野冬季オリンピック当時の同僚のカナダ審判に談合を提案して発覚され、1年間の資格停止を受けました。また、他の審判の1人は、旧ソ連連邦所属だったエストニア出身です。

テクニカルコントローラインもラケルニークにシェコフセバはもちろん、ウクライナとエストニア審判もロシア語を自在に駆使する人々です。このような審判がキム·ヨナのフリースケートを採点するという事実は、すでに競技前日に予告された状態でした。大韓体育会と大韓氷上競技連盟が対策を立てるに十分な時間があったという点です。

ソチ時間で2月20日午後6時15分に「問題の人物」が含まれているフリースケート審判9人が発表され、競技は午後7時から始まりました。だから午後6時15分から1時間後の午後7時15分が過ぎると、キム·ヨナ側は審判問題に関して抗議(Protest)することができる「法的権利」がなくなったことです。

「Protests concerning the composition of the panel of Officials must be filed within one hour of its announcement」

26年ぶりに2回連続優勝に挑戦したキム·ヨナの運命を分けた痛恨の1時間でした。

当時、現場には首相をはじめ、大韓体育会、大韓氷上連盟など韓国スポーツ界の主要機関長が総出動したが、審判の構成に関する「抗議」はしていません。

ISU規定上、採点に関する「抗議」は認められません。したがって、私たちが現場で唯一できるのは審判の構成に関する「抗議」でした。状況がこうであるにもかかわらず「抗議」をしていないのは、第3者見れば、どのようなスコアを受け取っても構わないという、ひどい表現すれば「処分を任せる」ということにしかなりません。 たとえ、我が方が「抗議」しても棄却される可能性が高かったことは事実です。ところが「抗議」をすれば、我々としては、一種の「警告の効果」を得ることができます。審判が不公平な判定をするならば、今後「控訴」は、もちろん、すべての対策を動員するという強い意志を表現するものだからです。また、この時「抗議」を却下されても30日以内の「控訴」(Appeal)することができる法的権利が生じます。

結局、大韓体育会と大韓氷上連盟はソチ現場で「抗議」しなかったため、「控訴」ができなくなりました。「抗議」と「控訴」とは異なり、異議申し立て(Complaint)は、何の拘束力はありません。国際スケート連盟のスポークスマンは、フリースケーティングの翌日の2月21日にこう言いました。

「We haven’t received any letter of protest or complaint or anything。All ISU members know the rules of protest。That’s something that’s very clear to our members」

(我々はどのような抗議や申し立ても受けてはいません。すべてのISUメンバーたちは抗議のルールを知っています。メンバーたちへの抗議には明確なルールがあります。)

最終的にフリースケーティングが開かれる直前にも正式に抗議していないので「控訴」もすることができなくなり、さらにIOCやスポーツ仲裁委員会(CAS)に提訴する道も実質的に閉ざされたのです。

トラブルが起きたときの緊急措置により、人の生死が分かれます。犯罪事件も初動捜査に失敗した場合、犯人を捕まえるのは容易でありません。スポーツも同様です。最も重要なことは現場でトラブルが起きたときに迅速に対応することです。審判がキム·ヨナに非常に不利に設定されるという事実は、すでに一日前に知られており、メディアでも報道されました。しかし、大韓体育会やスケート連盟は何の措置もとりませんでした。

国際スケート連盟が「抗議」の規定を知らなかったなら、無能であり、知ってもしていなかったなら、一言で言えば、卑怯だったのです。2016年リオオリンピック、2018年平昌冬季オリンピックを控えた韓国のスポーツとしては、今回の事件を痛恨の教訓とすべきと思われます。

長ったらしい記事ですが、キム・ヨナ提訴に関する流れを要約すると韓国は3月21日に国際スケート連盟規律委員会にキム・ヨナの判定に異議を唱え提訴しました。韓国国民はこれで正義が勝つと思っていたところ、この提訴はルールにのっとった正式な「提訴」ではなく、ただの自己満足でしかない苦情だったことが判明したという内容です。

拘束力のあるルールに則った「提訴」をするためには、ソチ五輪の規則で定められた時間内にまずは、「抗議」をする必要があり、その後「抗議」が受け入れらなかった場合、30日以内に「提訴」する法的権利を手に入れることができますが、韓国は「抗議」をしておらず、30日以内に提訴できる権利もないまま、「あと〇日にしかない、早く提訴しろ」と大騒ぎし、遂にはネチズン有志による協会への批判新聞広告まで作っちゃう始末。

韓国の氷上連盟はきっと「提訴できる権利がない」ことを知っており、それを公表することもできず、世論は「控訴だ」「控訴だ」と言うので仕方なく、「控訴」するふりをした苦情(請願)を規律委員会に提出したことを、国内向けに「提訴」したと発表しますが、4日後の今日になって、メディアにすっぱ抜かれてしまった、というのが大体の内容です。

ISUが受理したってのは、「苦情があったことは記録に残しておくよ」ってことかい?

ま、なんちゅーか

お疲れさまっしたぁ〜

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ

Comments are currently closed.