KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

振り付け師の力量と選手の力量

金さんは毎シーズン音楽が変わるだけのマンネリ、とよく言われますね。実際ジャンプの構成も跳ぶ位置も一緒だし、昨季はSPとFSでステップが被ってたし、昨季と今季のスピンはポジションも順番もほぼ一緒だし。
そう指摘すると金さんラブな人たちから、「それは振り付け師がそういう振り付けにするからだ。ウィルソンのせいだ」と返って来るわけです。基本マズイことは何でも人のせいな方たちですから、まあそう言うだろうなと予想の範囲内なわけですが。

でもちょっと待て、お前ら。振り付け師の言うことは絶対なのか?
金さんが気が弱く()て、内向的()で、優しい()から振り付け師に逆らえないのか?
それとも振り付け師がこういう振り付けでやれと言ったら、選手は異論を挟まず服従するのがフィギュア界の慣例なのか?
んなわきゃねーべさ。
マンネリプロだのスカプロだのと揶揄されるのが嫌なら、ウィルソンにそう言えばいいべ?聞き入れなきゃ他の振り付け師に変えればいいべさ。
それとも何かい?ウィルソンに逆らったら、フィギュア界に居られなくなるとか?
ウィル姐何者だよ。フィギュア界の闇のフィクサーかよ。

振り付け師として、ああしてみたいこうしてみたいという理想はあるけど、結局は選手の力量に合わせたプロを作ってるんじゃないの?
金さんの表現のポテンシャルが仮に100あるとして、80か70しか発揮出来ないプロをウィルソンが無理にやらせてるわけじゃないでしょ。

振り付けというInputがあり、選手というBlack Boxを通って、演技としてOutputされる。1ℓの容器に2ℓの水は入らないから、振り付け師がInputを増やしても、選手は自分の持つ力量MaxのOutputしか出せない。
金さんのプロが毎季似たり寄ったりのマンネリプロなのは、ウィルソンの問題じゃなくて、やっぱり金さんの問題なんだよ。
金さんの表現の幅が狭く、ポテンシャルが低いから。
それに低い基礎点にGOEやPCSをてんこ盛りにするために、目に見えるミスができないから、演技の力量Maxより少し押さえたプロにしないといけない。

振り付け師が作るのは基礎の部分であって、それをブラッシュアップして演技を作り上げるのは選手なんだから、金さんのマンネリプロをウィル姐のせいにするのは止めようぜ。

Comments are currently closed.

3 Responses to “振り付け師の力量と選手の力量”

  • run より:

    これは逆じゃないでしょうか?
    ウィルソンが振り付けたというより、キムサイドからこういうエレメンツ(だけ)をこういう順番(昨季と同じ)でこの曲にうまいこと合わせてね~と指示されて作ったのではないでしょうか?
    もちろんこれとこれは失敗率高いから絶対に入れるなとか、後半は体力落ちてもできるものとか。
    そこには何かを表現するとかは不必要。曲も全て、キムが努力せず表せるもの(つまり地でできるもの)をあてているだけなのでは。
    キムには1度タラソワプロをやってもらいたかった。

  • sona より:

    初めまして、ブログ楽しく拝見しております。

    高橋大輔選手が振付師の夢なら、kyは振付師泣かせでしょう。なんたって劣化の女王ですから。

    ウィルソンに心から同情します。kyと組むという事はクリエィターとして苦行でしょうね。

  • 芥蘭 より:

    初めまして。金さんのバンパイアとクラウンの2分割を拝見してから、疑惑に目覚めたニワカです。
    不躾ながら、ナンデス選手のsp昨季ー今季の2分割を作ってください!とお願いしたく、コメントする次第です。
    ソチ五輪シングル出場者で、昨季ー今季ともウィルソンさんの振付は、羽生選手(fp)、チャン選手(fp)、ナンデス選手(sp&fp)、うち、プロトコルが同一なのはナンデス選手のspだからです。
    先ほど世選のライブを見ながら去年の世選を眺めておりましたが、振付としては、かなり異なっているという印象でした。アクセル前の動作とか。
    ちゃんと見比べれば、判ると思うんですよ。
    金さんのコピペspは、ウィルソンさんのせいじゃない!
    ちなみに、ナンデス選手のsp、11ー12季もウィルソンさん振付でしたが、プロトコルから異なります。
    やっぱ、ウィルソンさんのせいじゃない!