KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

美姫ちゃんの出産

性的な用語もあえて隠さずに書きます。ご注意ください。

私のようなニワカがどうこう言うことではありませんが。感想ということで。
女性フィギュアスケーターが競技とプライベートを両立させるのが難しいのはわかりますが、美姫ちゃんが競技者としての自分をどう考えていたのか聞いてみたいところです。
競技と出産を天秤にかけて子供の命を選んだとのことでしたが、もっと重要な選択はそこじゃないんじゃないの?
妊娠はコントロールできます。4月出産というと逆算すると受胎は7月?6月?
『競技』と『妊娠の可能性のあるセックス』を天秤にかけたとき、彼女はどう考えていたのでしょう?一年の休養の後、復帰に向けてさあこれからって時ですよね。
なーんも考えずしたらデキちゃったは競技者として論外です。
例えば卵巣の機能低下などで妊娠の可能性が低く、歳を取れば取るほどさらに妊娠しにくくなると医者から言われていて、子供が欲しくて少ないチャンスを逃がさないために日頃から避妊をしていなかった、競技よりも女性としての幸せ、というなら理解できます。
どうも昨日のインタビューのニュアンスでは、できてから悩んだように受け取れるのですよね。うーん。。。

まあなんにせよ、五輪を目指すとのこと。現時点での実力は未知数ですから、まずは「私はできる!」というところを見せつけてやりましょう。
ズルはなしよ。ヒイキもね。

Comments are currently closed.

3 Responses to “美姫ちゃんの出産”

  • みるきー より:

    同じく…ですねぇ。皆さんが美化されることに違和感があります。
    私にはアスリートとして、大人としての無責任な行為に思えます。

    悩んだ、って…。後先考えず、自分の欲望のままにした結果だし。
    今時珍しい事ではないけど、アスリートなんだから、自制するべきでは。

    私はオリンピックはスケート一筋で頑張ってきた選手に行って欲しいです。
    彼女は頑張ったご褒美に行きたいと言っているけど、彼女の為に3枠取ってきたわけじゃないですし。もしこれで、真央ちゃんが行けなくなったら(無いと思いますが、小塚選手だって去年怪我したし、何が起こるかわかりませんから)、それでも皆素直に喜べるのかな…。
    真央ちゃんだけじゃない、鈴木選手も村上選手も、恋愛にうつつをぬかすことなく、オリンピックだけを夢見て頑張って来たはずです。

  • とんとん より:

    私もそう思います。
    オリンピックという舞台はスポーツ選手なら一度は夢見る舞台だと思います、努力しようとする姿は理解してあげたいけど、その前の行動や言動にちょっと考えさせられる事があるんです。
    それとマスコミの異常なくらいの持ち上げ方。
    他にもママさんアスリートはいらっしゃいます。皆さん家事と子育てを両立させて頑張っておら
    特例とか無しに行くなら自力でやってほしい。

    マスコミは美談にしたくてしょうがないんでしょう。
    世論もウェルカムムードのようですが、私はどこか覚めた目でみています。

  • 同意です より:

    私も同意します。
    お子さんが生まれたことはめでたいことですが、美談ではありません。
    未婚の母というのは、一般的にはむしろ醜聞です。
    安藤さんが父親をなかなか公表しないのも問題だと思います。
    関係のありそうに見えた方や、単なる友人の人まで軽く疑われる結果になっていますし
    本当の父親がわかっているなら、その人にもお子さんにもひどいことをしているように思えます。
    とにかく、周りに迷惑をかけるような発表の仕方を子供を使ってまでする考えの浅さにも驚きます。

    スケートについては、他の選手が不利益を蒙るような優遇がないことを祈ります。
    それだけはやってはいけないでしょう。

    ママなら優遇されるなら、他の選手も妊娠して置けばよかったのかという話。
    そんなことありえません。

    仮にも日本代表をめざすなら、それにふさわしい責任ある行動をすべきです。
    子供が出来てしまったなら、そのうえで、大人として責任ある対応をとってもらいたかったですね。
    いまの安藤さんは子供を利用して自分が目立とうとしているよう。
    アクセサリーじゃないんだから・・・と正直おもいます。
    今年いっぱいはろくに子育てする気もなさそうですよね。