KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

フィギュアスケートの表現力って何だ?

他ブログさまネタです。特に記事に関連があるわけではないので紹介はしません。あー、あそこの記事読んだのかな〜?と思っていただければ。

というわけで、ニワカがえらそーに語らせていただきます。

まず、私の思う「フィギュアスケートとはなんぞ?」から。
フィギュアの第一義は「スポーツである」
フィギュアの第二義は「ダンスである」
おわり。

前に金さんのSPの関連でどっかに書きましたが(整理した時消しちゃった気がする)、私はフィギュアに表現力を求めてません。つかそんなもんそんなに重要?と思ってる。
大切なのは音ハメまでで、曲のテンポに合わせてポーンと跳んだり、くるくる〜と回ったり、ステップ踏んだり、それだけでいいと思ってる。
だいたい表現力なんてねえ。例えば同じ曲を違う選手が滑ったとする。カロリーナ・コストナーと金さんの「イマジン」とか、よく使われる「シェヘラザード」とか。誰が表現力が上なの?
それって音楽のアレンジが好みとか、ボーカルがあるなら歌手が好きとか、衣装がステキだったとか、振り付け師の力量とか、選手の力量とは関係ない部分がどのくらいを占めるんだろうかとか思いません?

「ディープエッジが〜」とか「ツルツルスケーティングが〜」とかは全部技術の話。フィギュアはまず技術ありき、表現力なんて二の次なんじゃない?

金さんの台頭で表現力がえらい重要みたいに言われ始めましたけど、そんなに重要なら同じ曲同じ振り付けで滑らないと不公平じゃないですか?高名な振り付け師に依頼できる選手が有利、みたいな。
というより、最低限同じ曲同じ振り付けでないと、表現力なんてあいまいなもの、比べようがないんじゃないかな。

脱線しますが、バイオリンって値段によって音が全然違うのだそうです。名器と言われる高いものはいい音、安いものはそれなりの音しか出ないそうで、コンクールで上位を狙うならン百万クラスのものを持たないとムリだとか。親の経済力という才能とは関係ない部分でハンデが付く。1千万のバイオリンを弾いた60点の才能の子が、50万のバイオリンを弾いた80点の才能の子に勝っちゃったりするらしい。
だから普通の家庭の子がコンクールの上位を狙うために、親が借金してン百万クラスのバイオリンを買ったりするんだそうです。
才能を比べるなら、みんな同じバイオリンを弾けばいいじゃないと思うけど、そうじゃないらしい。細かい調整とか慣れとかもあるんでしょうが。
脱線は以上。

結局のところ「表現力」なんて、とある凡才を天才に勝たせるためにニワカに作り出した詭弁であって、ないものをさもあるように見せかけて、すごいぞすごいぞと褒めそやしているだけなんじゃないかと思っちょります。
だって金さんの今季のSP。何を表現してるんですか?
「ア・リトル・ナイト・ミュージック」で「悲しみのクラウン」を歌うデジレは、13歳の子持ちの女優で、少々身持ちが悪い。自分にも若い愛人がいるくせに、新妻を迎えた元旦那とヨリを戻そうとする。元旦那を誘って「友人として」一夜を過ごして既成事実を作ったりして、あの手この手でがんばるけど、元旦那がどうも自分になびかないのを察して、「私ってバカみたい」と自嘲してる歌だと思うんですが。
まあこれは私の解釈ですが。
知恵袋にこんなのがあったのでご紹介。
キムヨナの「悲しみのクラウン」ですが
ベストアンサー以外の回答の2番目に曲の解釈を回答されている方がいます。

中年女優なら金さんはとてもすばらしく表現出来てたじゃないか!と思いますか?
いやそれは本人の容姿がおばさん臭……ゲフンゲフン

※追記
コメントありがとうございます。
表現力二の次と書きましたが、無くても良いとは思ってません。
真央ちゃんと金さんでは、表現力は真央ちゃんが断然上だと思います。演技の幅の広さというか、多彩な表現が出来るのは真央ちゃんですよね。アイガットのような明るく軽快なものから、鐘のような力強いもの、ノクターンや愛の夢のようなたおやか・しなやかなもの、ピアコンのような重厚から優雅へと一曲のなかで曲調が変わっていくような難プロも表現できる。
金さんはよく言われるように何を滑ってもぜんぶ同じ。実際振り付けもカブリが多いですが、それを除いても表現の幅は狭いですよね。

Comments are currently closed.

4 Responses to “フィギュアスケートの表現力って何だ?”

  • 夢見 より:

    何処のブログのことか何となく 私にもーあぁ!と思うところがあります
    読んでー本当にファンかな~胡散臭いって思うブログが

    っていうのは私は浅田真央さんは素晴らしい表現力があると思っているので

    もしも音無しでも浅田真央さんの演技は音楽が流れているように感じられます
    休みなく続く演技 

    ソチ五輪のフリーの演技の中でも曲調に合わせて自然に表情が変化していきます
    厳しさ 凛として またたおやかに優しく そして力強く

    浅田真央さんは(すみません さからって)
    でも私 こちらに悪意はありませんー
    私は表現力は誰よりもあるとー見ているんです

  • むうみん より:

    「キムヨナには真央より表現力がある」キャンペーンって、
    誉めるところがあまりにも少なかったキムを持ち上げる為の
    でんつうの工作活動ですよね。

    そのでんつうと一緒になって「キムヨナには表現力がある」って、言ってて恥ずかしくないんですかね。
    だってキムヨナに表現力なんてないじゃないですか。
    「かったりーなー」っていう表現の演技は世界一ですけど。

    真央ちゃんは、世界中の人を泣かせるくらい感動の演技が出来るスケート選手。
    だって世界中のフィギュアスケーターだって泣いたり賛辞を送ったり応援しているんですよ!どれだけ凄いことを成しえているか皆さん分かっているんです。
    あれだけ素晴らしい演技をする真央ちゃんに表現力がないとかナンセンスなこと言うなんて、
    そんな人は芸術の分からない感受性の欠落した人間ですよ。
    真央ちゃんは、表現力、技術力、カリスマ、人間性のどれをとっても、既にキムとは別次元!お願いだからもういい加減比べないで欲しいです。

    悔しいのは分かりますけどねw

  • riko より:

    こんにちは(*^_^*)

    個人的にヨナは表現力ではなく演劇などと同様の演技力があるだけだと思う。
    ただ演技しているだけ、それでも曲を聴いてそれに合わせればいいのだが全くの曲無視状態・・・。
    学生の時、体育の授業とかで曲を流して自由に表現しろと言う課題を出されたが、全くのフリーズ状態・・・すごく難しいよね。

    一般人ならそんなものだが、浅田選手ならきっとすいすいと踊って見せてくれそうな気がする。
    ヨナはその曲のバックグラウンドを知らないと踊れないだろうな~。

    本来フィギュアスケートは滑りを見せるもので、止まってくねくねダンスなんて邪道だと思う。
    私が浅田選手が好きなのは、曲と滑りが一体化していて心地よさを感じるから。
    反対にヨナの演技を見ると心が荒んでくる。

    ヨナを褒めて浅田選手を貶している人は、クラシック曲を聴いたことがなく(もしくは嫌い)、クラシックバレエを見たことがない人が多いと思う。
    そんな人は、映画曲を使って見た目派手な振り付けで踊る演技の方が好き(表現が分かりやすいからね)だろうね。

    大衆芸能VS古典芸術の戦いってことかな。

  • nana より:

    こんにちは。いつもズバリ指摘してくださって ありがとうございます。私も、読んでいて ???でした。

    俳優さんでも 役柄によって同じ人が演じているとは思えないような演技力のある人、どの役を演じても、同じ人に見える人いますよね。
    真央ちゃんの演技は、ジュピターの神々しさ、メリーポピンズのかわいらしさなど、EXでも全く別の人物を演じています。同じ人が演じているとは思えないくらい。

    あの方は 順位の着かないEXなど 無表情のやっつけ仕事。どこに表現力があるのでしょう。

    真央ちゃんのスケートは、技術もすごいけど、観客への愛情やメッセージが伝わってくるから 感動するのだと思います。