KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

女王様の2Aの入りはすごいのか

あまりにもスゴいスゴい言うので、こんなページを作ってみた。
キムヨナの2Aは入りが工夫されててスゴいんだぞ(でもそれホント?)検証。

2Aの入り比較
Service Temporarily Unavailableというエラーメッセージが出たら転送制限中。。。

長いのでgifアニメがパネェ重さなんだが。。。
うーん。。。女王様のスゴさが見えない。。。アンチフィルターのせい?

Comments are currently closed.

3 Responses to “女王様の2Aの入りはすごいのか”

  • ヤマムロ より:

    イーグルからの2Aって、ラジ子たんはじめいろんな選手がやってますよね~。
    珍しくもなんともない入りなんですよね。ジュニアの選手でもできるんですもの。
    ソト子たんのスパイラルからの2Aは独創的だと思うんですが。そもそもスパイラルのポジションが独創的。あれ単体でも評価が高くなるところに2Aがつくんですもの。
    本来ならばどっちの評価が高くなるべきかは一目瞭然です。
    こうやって改めて並べると、ほんとにひどいな女王様www
    動きにしまりがなさすぎるwww

  • 7 より:

    初めまして、こんばんは。
    毎回分かり易い動画をUPしてくださってありがとうございます。

    KYのソチ・フリーのルッツについてコメントを入れたかったのですが
    コメ欄が開いてなかったので、こちらにコメントをいれます。

    ジャッジ&スケ連信者のツイッターでそのルッツについてのやり取りがありました。
    ttps://twitter.com/nawo7070/status/437895640538812418
    『あまり静止画を使いたくないのですが。
    こちらが、トウが着氷した瞬間。厳しいジャッジならこれで判断し、URになるかもといったところです。 pic.twitter.com/mIZfKiLgVS』

  • てとら。 より:

    こんにちは。
    ますますソトニコワのスゴさが際立ちますね。2Aの入り自体、スパイラルとかとても工夫があるのですが、その前の部分でも、手首や指まで動かして演技しているように見えます。あの手首の艶やかな動き、素敵ですね。

    ジャンプの入りの工夫とはちょっと違う話になってしまいますが。
    黄色い人は、とっても自然なので見逃しちゃうイナバウアーw(もしくはタメ)のときに両腕を胸の高さまであげますよね?
    アクセルは前向き踏み切りなので、自然と腕も前にあがっちゃうんだろうと思っていたのですが(この動き、個人的に「やる気の無いキョンシー」と呼んでいます)、ソトニコワと比べると、その動きがとても目立つ気がします。ソトニコワ以外だと浅田の3Aの前も気にならないのですが。

    もしイナバウアーをやっているのに腕もあがってしまっているのだとしたら、
    GOE加点の基準のひとつに、「独創的であること」・「予想外(=これからジャンプです!というのがわかりにくいと解釈してます)」があると思っていたんですけど、「キョンシー」動作は、アクセルを飛ぶというのがすぐに分かっちゃいますよね。
    彼女は長いことキョンシーやってる気がします。
    このキョンシーはジャンプ前の準備動作だろうから、ここに突っ込むのは重箱の隅をつついている感じだな、とは自分でも思うのですけど、キョンシー、美しくないからいつも気になってしまいます。

    ソトニコワは、それほど腕があがらずキョンシーっぽくないので、キレイですね。
    gifアニメ見てると、いろいろなことが分かり、勉強になります。
    (キョンシー言うと世代がわかってしまうか・・・)