浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態

浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態 – 女性自身

 自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に頬を濡らした浅田真央(23)。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。

「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。

 そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。

 しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった。

「この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)

 連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、それは次から次へと噴出するのだ。

「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者)

 それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。

「女子選手に直接言わないにしても、そのコーチや関係者などに失礼なことを言うのは日常的。選手をサポートする立場なのに、彼らはそれをせずに何をやっているかといえば、選手村で頻繁に酒盛り。チーム・ジャパンとして機能しているはずがない」(スポーツライター)

 今回、連盟幹部は十数名ソチ入りしているが、はっきりいって遊びに来ているのと同じ、とスポーツライターは続ける。

「彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているにほかならない。見かねた男子選手やその周辺からは『連盟の誰も信用できない』と、我々に相談をもちかけてきたこともあった」

 五輪前、男女で複数のメダルを目標に掲げながら、選手をサポートできない連盟は猛省どころではすまされない。

(週刊『FLASH』3 月11日号)

日本スケート連盟は日本人選手を妨害して、隣国に有利に導くのがお仕事です。隣国人の考えでは、日本は弟で格下。夢は日本を植民地にし、日本人を奴隷にして稼ぎを巻き上げ、そのカネで酒池肉林。
まさに今の日本スケ連の実体ではないですか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

人気ブログランキングへ

9件のコメント on "浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態"


  1. 真央ちゃんがマスゴミに苛められ貶められ続けながらも
    頑張ってきたことは知っているつもりでしたが、
    スケート連盟がここまで腐りきった組織だったとは知りませんでした。
    酷すぎます!!許せません!!!

    タイトルに失態とありますが、確信犯だと思います。
    かつて役員の公金横領の事件があったのに関係者が戻っているそうです。
    そんな事がまかり通るってあり得ません!
    相撲協会はマスゴミなどから執拗に叩かれましたが、
    日本の国技だから貶め潰そうとしていたのではないかとも思えますね。

    スケート協会は他にも様々に選手への嫌がらせをしていたとは驚きです。
    選手を食い物にしてきたのですね!
    誰のおかげで役員などと言う特権にありついてると思ってるんでしょうか!!!
    友人から何か抗議活動が今後あるような話を聞きました。
    日本の未来のためにこのまま野放しでは許されません!!!!!


  2. 真央ちゃんがマスゴミに苛められ貶められ続けながらも
    頑張ってきたことには怒り心を痛めて知っているつもりでしたが、
    スケート連盟がここまで腐りきった組織だったとは知りませんでした。
    酷すぎます!!許せません!!!

    タイトルに失態とありますが、確信犯だと思います。
    かつて役員の公金横領の事件があったのに関係者が戻っているそうですね。
    そんな事がまかり通るってあり得ません!
    相撲協会はマスゴミなどから執拗に叩かれていましたが、
    日本の国技だから貶め潰そうとしていたのではないかとも思えますね。

    スケート協会は他にも様々に選手への嫌がらせをしていたとは驚きです。
    選手を食い物にしながら、、誰のおかげで役員などと言う特権に
    ありついてると思ってるんでしょうか!!!
    友人から何か抗議活動が今後あるような話を聞きました。
    日本の未来のためにこのまま野放しでは許されません!!!!!


  3. テレ朝で、現地での羽生選手の金メダル祝勝会の場面がちらっと流れた時、目を疑わずには居られませんでした。あの悪名高き 城田憲子、それに国内のアイスショーを仕切っている真壁氏が中心となって歓喜していたのですから…。
    その様子から、次は羽生選手でひと儲けしようというシナリオがありありと透けて見えて、ゾッとしました。


  4. スケート連盟の豪遊ぶりは大げさに書いてるのでなく、その通りのようです。 トリノオリンピックのとき地元ボランティアとしてスケート連盟のお世話をしてた女性も、彼らの我侭な欲求、贅沢で派手な行動に接して驚いていました。 選手をサポートする立場らしからぬ彼らの雰囲気に他の国からも妙な目で見られていたそうで、とても嫌な思いをしたと嘆いていました。


  5. 初めまして、いつも参考になる記事をありがとうございます。
    実は、最初日本専用の練習リンクがアルメニアになると聞いて、不安になったことがありました。
    実は、アメリカで在米韓国人と一緒になって慰安婦の件で日本叩きをしているのが、アルメニア系住民なのです。
    そして、アルメニアとトルコは丁度日本と韓国のような関係なのだそうです…。何でも国民性が非常に韓国と似ていて、トルコがキレて攻撃してしまったとか。
    この辺はググって頂くとわかると思います。
    なので、氷に砂が混じっていて練習が出来なかったことを聞いて、もしかして、わざと?って思ってしまいました。
    このリンクを使うよう手引きした人間がいて、連盟側にその「手数料」を受け取った人がいるのかな…というのは考えすぎかもしれませんが、疑心暗鬼になる材料はエベレスト並みにもってますよね、日本のスケ連もISUも。


  6. 小手毬桜 様

    上記のコメントで、怒りにまかせて画像のリンクを貼ってしまいました。

    非常に重いようで、ご迷惑でしたらお手数ですが削除願います。

    申し訳ありませんでした。


  7. このニュースは、産経新聞にも載ってました。
    許せないですね。
    今のスケ連幹部は、全員、やめさせるべきですね。
    もし、私がスケ連関係者なら、選手が来る前に
    リンクを確認しに行きますけどね。
    帰りの飛行機から降りてくるのが
    選手じゃなくて、スケ連関係者のオジサンばっかり
    で、テレビの司会者もびっくりしてましたが、
    私もびっくりしました。
    あの年寄り連中は、どこから天下だって
    きてるんですかね。
    みんな、フィギュアスケートなんて
    知らないオジサンたちですよ。
    選手の寄生虫ですね。

Comments are closed.