KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

科学で見たキム・ヨナのジャンプ

お隣で放送された番組の動画がつべに上がってます。いろいろツッコミたいことがあるんだが。。。
上の動画の前半部分の今季のジャンプの映像のBGMが、昨季のヴァンパイアなのはなぜだろうとか。歓声が入っているから会場音なんだろうけど、今季のじゃ駄目なのかい?
ももももしや映像と音楽が違うことに気付いていないとか。。。

MBC 20140129 ニュースデスク科学で見たキム・ヨナのジャンプ


どっからどこまでが7mなんだ。。。

KBS 20140129 キム・ヨナの回転 ・ ジャンプの秘密は?


何を比較しているかよくわからんが。ももももしや女王様のジャンプが高さ3.5mとか言わないよね ← 跳ぶ瞬間の速度らしいお。コメありがとう。

飛距離はせめてこういう映像で解説してくれれば分かりやすいのに。

それじゃ真っ赤なウソがバレるしヾ(ーー )ォィ

こうして見るとリンクに描くでっかいハテナマークね。

※追記
コメントありがとうございます。
棒高跳じゃあるまいし、走高跳で4mも跳べないよな。

Comments are currently closed.

One Response to “科学で見たキム・ヨナのジャンプ”

  • show より:

    3.5mにマジレスすると飛び上がる瞬間の速度かと。
    ただ瞬間の速度の2乗が高さに比例するので単純計算すると高さはトップ選手の0.8倍以下。
    走り高跳びで世界記録の0.8倍って中学の都大会で通用するかどうかというレベルなんですが……。
    ガチのトップ選手と比較なんざおこがましいにもほどがあります。