KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

テリー伊藤の主張からすると…

芸術は子供っぽいのはだめで、色気があるほうがいいんですよね。
例えばバレエなら、同じチャイコフスキー作曲・プティパ振り付けで、「眠れる森の美女」とともに三大バレエと呼ばれる「白鳥の湖」と「くるみ割り人形」。

白鳥の湖(マリインスキーバレエ)

くるみ割り人形(マリインスキーバレエ)

「くるみ割り人形」はホフマンの童話 『くるみ割り人形と二十日ねずみの王様』が原作ですし、クリスマスの夜に主人公の少女クララが王子さまになったくるみ割り人形とお菓子の国に行くストーリーです。子供っぽいですよね?童話ですから当然ですけど。
この「白鳥の湖」と「くるみ割り人形」を比べたら、「くるみ割り人形」は『子供っぽい』からバレエ作品として数段落ちるんですか?優れた芸術ではないと?
チャイコフスキーの作曲した音楽の中で、「くるみ割り人形」は『子供っぽい』から、他の作品より劣るの?

Comments are currently closed.