KODEMARI SAKURA YUKIYANAGI

浅田真央選手と羽生結弦選手を応援する毒吐き検証系ブログ。キムヨナ選手およびデーオタアンチなので注意。

ソチでの薬物検査は’最も厳しい’

AFPに翻訳があるとの某所情報があったので、探して来た。

キムさんB級後怪我再発で棄権

ぜひそうなって欲しい。

ソチ五輪でドーピング検査を強化、IOC – AFPBB News

【11月14日 AFP】国際オリンピック委員会(International Olympic Committee、IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長は13日、2014年ソチ冬季五輪ではこれまでになく厳しい禁止薬物の検査が行われると語った。

 南アフリカ・ヨハネスブルク(Johannesburg)で行われている「スポーツにおけるドーピング世界会議」に出席したバッハ会長は、競技前の検査は2010年のバンクーバー冬季五輪から約400件増えて1269件、総数も約300件増えて2453件となると明かし、「これまでのどの冬季五輪大会よりも、ドーピングに対する闘いでより賢く、より厳格になるべきだ」とコメントした。

 9月に新会長に就任したバッハ氏はまた、ドーピングを犯した選手に対してさらに厳しい出場(資格)停止処分を科す意見について支持を表明した。

「われわれが必要としているものは最大限の抑止だ。初めてのドーピング違反者への永久追放については強く反対する」

「クリーンな選手を守ることが最終目的。われわれの判断と取り組みの全ては、そこに最も重きを置いている」

 会議では、違反者への出場停止処分を2年から4年に倍増する新案が承認される見込みとなっている。この新案では、違反者が次回の五輪にも自動的に出場できなくなる。(c)AFP

Drug testing at Sochi to be ‘most stringent’ – CBC Sports

ソチでの薬物検査は’最も厳しい’であることが
IOCは、サンプルの’レコード番号’ 、テストを約束
バッハ – トマス-AP- 05351035Thomasバッハはドーピング関連の問題の数に記者とヨハネスブルグの水曜日を話す。 ( Themba Hadebe / AP通信)

ソチ、ロシアで来年の冬季オリンピックでの薬物検査プログラムは、冬季オリンピックの歴史の中で”最も厳しい”になり、 IOC会長トーマス·バッハは水曜日に言いました。

2月7日から23に開催されるゲーム、前との間にテストの数は、 2010年のバンクーバー五輪前に行われた数よりはるかに大きくなりますが、バッハは述べています。

ソチ、バンクーバーオリンピックに先駆けて行われる804以上の57パーセント増加の1,269プレ競争試験があります。 IOCは4年前の2,149からバックアップ、ソチで2,453のテストの合計を行います。

“サンプルとプレ競争テストのレコード番号を持つ、我々はドーピングに対する我々の戦いで賢く、タフでなければならない、 “バッハは、南アフリカのヨハネスブルグでスポーツにおけるドーピングに関する世界会議で代議員に対処した後、言った。

IOCは、競争を通じてテストにソチと “何百万人”のための事前の競争試験に100万ドル過ごすことになります。

” 、明確にするために非常に明確にする: 。ドルのこれらの何百万人が経費ではありません彼らは我々のスポーツの未来への投資であり、 “バッハは述べています。

会議は、その本部モントリオールにある世界アンチ·ドーピング機構によってホストされています。

スポーツ連盟、公共機関や他の場所から1,000人以上の代表者は、すべてのスポーツや各国間の規制を調和世界アンチドーピングコードの最新バージョンを承認する満たしている。

テーブルの上の1つのリビジョンが違反者をドーピングで四年間禁止を指定します – 彼らは、少なくとも一つの五輪を欠場することを確認するために十分な時間を。

新しいコードでは、先に2016年リオデジャネイロ夏季オリンピックの、 2015年1月1日に施行される。

全文機械翻訳

Comments are currently closed.

2 Responses to “ソチでの薬物検査は’最も厳しい’”

  • run より:

    こんにちは 初めてコメントさせていただきます。某選手にフツーに演技をしてもらうにはここを強化するのが一番かと思います。昨期、12月に出たNRW杯の演技とその1か月後の韓国ナショナルの演技では、全くうける印象が違っていた。NRW杯ではショート後も息がかなり上がっていたしフリーはもうボロボロっていう感じ。それに比べナショナルはショートは変な転倒もありましたがフリーはジャンプも全部入っていた。NRW杯よりぜんぜん体力(持久力)が付いているように見えました(たった1か月で)。元々もっと若い時でさえフリーの最後はヘロヘロで体力不足を指摘されてた人がそんなに簡単に体力をつけれるものでしょうか?安藤選手も産後とはいえ、いつからトレーニングを始めたかわかりませんがまだまだ以前のような体力はもどっていないようにみえます。

    とにかく、IOCは入賞以上の選手は全員厳しくドーピング検査をしてほしいです。
    それから検体を採取する人は選手の母国の人は絶対にやめてもらいたいです。
    このへんもきっちり公平をお願いしたいです。

  • あき より:

    素晴らしいニュースです!
    やっと、光が差しますか・・・ 八百長女王は、ドーピングしないとジャンプできないし・・こりゃ、大変だ!
    怪我が悪化して棄権! いいですね。B級大会で、転んで骨折のふりでもしてみますか!